転院先は病院の都合で・・・・患者、家族の想いが第一ではない転院調整がある現状。

こんにちは、患者さんが在宅から離れ入院や転院しても家族から色々相談受けている診療医@今井です。

急性期病院からの転院ってだいぶ患者さん本位になったなと思っていたのですが、まだまだ病院都合で転院先決められている患者さんっていますね。

明らかに自宅からは距離が遠いけれど急性期病院の都合で退転院調整を余儀なくされた患者さん、こちらは「そこはできれば家族が見に行くのにかなり時間がかかるから辞めた方がいいんでない?」ってお伝えしたのですが、やっぱり病院の都合で近くの病院は難しいとのことで遠距離の回復期リハ病院に転院となってしまいました。

案の定家族の方がお見舞いにいくのに往復2時間近くかかっているのが現状・・・リハビリもあまりすすんでいないようですし非常に残念な経過となっています。容易に想像できただけに何とかしたかったのですが・・・入院中の調整までこっちが積極的に声をだすことは難しいですね。

 

リハビリにかける家族の希望って本当に強いものがあるので退院調整や転院調整、これからさらに在院日数や退院先などのしばりが強くなるでしょうがあくまで病院目線ではなく患者さんや家族目線で行ってほしいですね。

皆さんのまわりではまだこのように転院、退院調整ありますか?

 

現在医師募集中→こちらをどうぞ!

外来や訪問看護、地域で活動したい看護師さんも→こちらをどうぞ!

このエントリーをはてなブックマークに追加