資料提供:薬剤師供給の在り方 -薬剤師の将来ビジョンを描き薬学部定員半減と臨床教育強化を-

こんにちは、札幌のかかりつけ医&在宅医@今井です。

 

薬剤師さんの大量育成について社会問題化しつつあるのは、医療行政に興味のある医療者ならある程度認識はしていると思いますが、同問題に対し日本総研が問題提起を行っている資料を見つけましたのでご紹介します。4月19日公開の資料です。興味ある方以下どうぞ↓

薬剤師供給の在り方 -薬剤師の将来ビジョンを描き薬学部定員半減と臨床教育強化を-

PDFはこちらです。

時間がある人は全文読んで頂きたいですが、時間ない人用にサマリーのみ挙げておきますね。

まぁ確かに産めよ増やせよの政策で来たのでこの結果は十分予想されたことでしたが、それにしても今後はどのように政策変更していくのでしょうか?タスクシフトが進む中、自分としては日本における薬剤師業務は独自の変化を遂げていくような気がしています。

諸外国は知的労働者としての側面が強いですが、自分の予想としては

①企業などで薬学的知識をバックボーンに活躍する薬剤師

②高度医療を提供する医療機関において、専門職として活躍する薬剤師

③地域包括ケアの中で多職種と一緒に業務する薬剤師

の3パターンかなと・・・その中で③の薬剤師さんに関しては直接的な医療やケアの提供者としての業務を行うことになる可能性も否定はできないんじゃないかなと考えていますよ。

 

資料を読み込むことで色々と考えることはありますね。皆さんはこの資料を読んで何を考えるでしょうか?良ければ教えてくださいね。

 

現在の求人に関して

入職祝い金制度導入しました。是非直接応募ください→こちらをどうぞ!

道外からのUターン、Iターンの方お待ちしています→こちらをどうぞ!

札幌市外の道内の医療職の方、札幌に引っ越しして当院で勤務しませんか?→こちらをどうぞ!

人事部立ち上げました!!一緒にやってくれる方まだまだ募集しています!→こちらをどうぞ!

法人運営をしてみたい事務の方募集しています→こちらをどうぞ!

クリニックの事務長やってみたい方募集中→こちらをどうぞ!

医療事務も随時募集しています→こちらをどうぞ!

医師の診療同行をしてくれる診療アシスタント募集しています→こちらをどうぞ!

札幌で在宅医療、在宅緩和ケアなどの訪問看護、地域密着型の外来看護をしたい看護師さん募集しています。診療所、訪問看護ステーションなど全事業所で募集中!→こちらをどうぞ!

当院について

2022年、それ以前の当院の診療実績→こちらをどうぞ!

現在の目標は2024年に病院を開設すること!一緒に病院つくりませんか?→こちらをどうぞ!

南区の分院、さっぽろみなみホームケアクリニックについて

さっぽろみなみホームケアクリニックでは常勤医、非常勤医を募集しています!→こちらをどうぞ!

医療事務と診療同行看護師も募集しています!→こちらをどうぞ!