飯能市のウォーキングへの取り組みは、地域の健康課題への解決策としてもっと注目を浴びてしかるべきと思います。

こんにちは、札幌のかかりつけ医&在宅医@今井です。

 

2025年には全人口の1/4、およそ25%が65歳以上になると言われている日本において、社会保障費用の削減のためにも健康寿命の延伸は地方自治体において重要な課題の一つであることは間違いありません。

地域の健康課題には医療者や地域住民の地道な努力によって解決できることと、そうではなく行政が積極的に関わることで解決できることがあると思いますが、やはり行政として重要なことは各個人の努力に任すのではなくマスとして市民をみて介入していくことが求められるのではないでしょうか?

その中で個人的にとても興味深いなと思ったのが埼玉県飯能市の取り組みです。皆さんご存じですか?

PDFはこちらにあるのでちょっと一読してほしいのですが、ウォーキング人口3万人を目指し平成18年から行政が積極的に、持続する意思をもって、市民の健康改善に取り組んでいるのがよく理解できます。人口8万人で3万人巻き込もうとしているんですよ?すごいと思いませんか?

HPも見て頂きたいのですがこちらです。かなりウォーキングに力を入れているのが本当によく理解できますよね。マップもみてください。散歩するとここんなにたくさんありますよ↓

 

まぁ結果としてどれだけ住民の健康寿命の延伸に寄与したのかのデータはありませんが、週3回以上ウォーキングする人が前述のPDFによると平成19年の19000人から、平成26年には29000人と52%も増加していることを考えると必ず何かしらのデータとしていいアウトプットはでていると思いますよ。

↓PDFから抜粋

 

今後10年20年で健康寿命の延伸に取り組む自治体と取り組まない自治体では、如実に活動性に差がでてくると考えています。翻って札幌はどうなのか・・・行政の積極的かつ自由な発想に基づく大胆な取り組みに期待したいと思います、が・・・

 

皆さんのお住まいの自治体の取り組みはどうですか?知らなければもしよかったらちょっと調べてみるといいかもしれませんよ。そうしたら10年後20年後の将来性が少しは見えてくるかもしれません・・・

 

サービス付き高齢者住宅<HARELU宮の森>では入居さん募集してます。

当院が運営するサービス付き高齢者住宅<HARELU宮の森>に入居希望の方、ご家族の方→こちらをどうぞ!

現在の求人に関して

入職祝い金制度導入しました。是非直接応募ください→こちらをどうぞ!

人事部立ち上げました!!一緒にやってくれる方まだまだ募集しています!→こちらをどうぞ!

法人運営をしてみたい事務の方募集しています→こちらをどうぞ!

クリニックの事務長やってみたい方募集中→こちらをどうぞ!

医師の診療同行をしてくれる診療アシスタント募集しています→こちらをどうぞ!

札幌で在宅医療、在宅緩和ケアなどの訪問看護、地域密着型の外来看護をしたい看護師さん募集しています。診療所、訪問看護ステーション、看護小規模多機能など全事業所で募集中!→こちらをどうぞ!

HARELU宮の森で勤務を希望する看護師さん、介護士さんの募集を開始しました→こちらをどうぞ!

当院について

2022年、それ以前の当院の診療実績→こちらをどうぞ!

現在の目標は2024年に病院を開設すること!一緒に病院つくりませんか?→こちらをどうぞ!

南区の分院、さっぽろみなみホームケアクリニックについて

さっぽろみなみホームケアクリニックでは常勤医、非常勤医を募集しています→こちらをどうぞ!