中国ではようやくパキロビットの本格使用が開始。ラブゲリオやゾコーバも早々に使用されるのでしょうか?

こんにちは、札幌のかかりつけ医&在宅医@今井です。

 

中国では昨年2月早々にパキロビットの国内使用が承認されていたようですが流通の関係もあって中々使用には至ってなかったようですね。それがようやく今年から市中の病院で流通し始める、との記事がでていました。以下CNNから↓

Beijing to distribute Pfizer antiviral drug as Covid wave strains health system

今まで国産の治療薬やワクチンにこだわっていたと思うのですが、背に腹は代えられない状況になったのでしょう・・・市中の医療機関で使えるようになるらしいです。ただ間違いなく流通量は限られているでしょうから共産党のトップやコネのある人が優先的にゲットしていくんでしょうね。もしくは超高価格で取引されるか・・・

爆発的に感染が広がっている中国、しかも来月は春節もあるのでさらに都市→地方への人流が活発になり悲惨なことになりそうな状況が予想されますが、そんな中パキロビット以外にもラブゲリオや塩野義のゾコーバも使用可能になるようです。

二つとも12月30日の記事です↓

Overwhelmed by a massive outbreak, China authorizes emergency use of Merck COVID pill Lagevrio

Drugmaker Shionogi inks deal to market COVID pill in China

日本政府が塩野義のゾコーバ緊急承認したのはこれ考えてなんでしょうね。確かに中国への薬の輸出はかなり経済的にはメリット大ですが、後々問題にならなければいいですがね・・・

 

さてようやく中国でも使用できる医薬品が少しずつそろってきたようです。ラブゲリオやゾコーバは使用されるんですかね?

他には今後はワクチン行政がどうなるかが注目かなと思います。まだまだシノバックでいくのか、それとも世界と足並みをそろえていくのか、どのような行政対応をするのか注視していきたいと思います。

 

中国がゼロコロナからの政策転換でどのように劇的に変化するのか、とても興味ありです。日本にももちろん影響大ですし。皆さんも是非ご自身でチェックしてみてくださいね。

 

サービス付き高齢者住宅<HARELU宮の森>では入居さん募集してます。

当院が運営するサービス付き高齢者住宅<HARELU宮の森>に入居希望の方、ご家族の方→こちらをどうぞ!

現在の求人に関して

入職祝い金制度導入しました。是非直接応募ください→こちらをどうぞ!

人事部立ち上げました!!一緒にやってくれる方まだまだ募集しています!→こちらをどうぞ!

法人運営をしてみたい事務の方募集しています→こちらをどうぞ!

クリニックの事務長やってみたい方募集中→こちらをどうぞ!

医師の診療同行をしてくれる診療アシスタント募集しています→こちらをどうぞ!

札幌で在宅医療、在宅緩和ケアなどの訪問看護、地域密着型の外来看護をしたい看護師さん募集しています。診療所、訪問看護ステーション、看護小規模多機能など全事業所で募集中!→こちらをどうぞ!

HARELU宮の森で勤務を希望する看護師さん、介護士さんの募集を開始しました→こちらをどうぞ!

当院について

2022年、それ以前の当院の診療実績→こちらをどうぞ!

現在の目標は2024年に病院を開設すること!一緒に病院つくりませんか?→こちらをどうぞ!

南区の分院、さっぽろみなみホームケアクリニックについて

さっぽろみなみホームケアクリニックでは常勤医、非常勤医を募集しています→こちらをどうぞ!