札幌市内では土日に発熱外来やっている医療機関は本当に少ないですね。

こんにちは、札幌のかかりつけ医&在宅医@今井です。

 

道内の感染状況は悪化しつつありますが皆さんご存じですよね?

新型コロナ 道内の感染者、全国最多 寒さで換気不足か 水際対策緩和も影響 /北海道

皆さんが熱がでたらまずは安静にしているかもしれませんが、やはりコロナ感染だと倦怠感や体調不良の症状がつらいですよね。つらいい時に受診しようか・・・と考えたと時にどこが発熱外来やっているの?とまずは確認されるかと思います。

札幌市では発熱外来をやっている医療機関を一覧で確認できるように情報更新を行っていますが、皆さん一度は見たことあるのではないでしょうか。

↓こちらです。

発熱者等の外来診療・検査を実施している医療機関一覧・発熱外来マップ

エクセルやPDFの資料はこちらです

発熱者等の診療・検査を実施している医療機関一覧表(令和4年10月29日00時00分現在)(エクセル:124KB)

発熱者等の診療・検査を実施している医療機関一覧表(令和4年10月29日00時00分現在)(PDF:1,694KB)

見てもらえれば理解できますが、衝撃的なんですが土日の検査体制がコロナ禍3年目なのに全く整っていませんね。(なぜか美容系のクリニックが発熱外来手上げしてやっていますが、これはPCR検査だけとかで本当の内科的な意味での発熱外来ではないんでしょう・・・)

これ本当に感染サージがおきる12月1月の本当にやばい時期、乗り越えられるんでしょうか?札幌市医師会はもし危機感もっているなら土日の休日当番するクリニック、倍くらいに整備しておいたほうがいいんじゃないでしょうかね??

 

 

自分は開業医の役割は医療へのファーストアクセスを担保するもの、と考えているので土日も祝日も休まず診療できる体制を作っていますが、多くの開業医の先生は一人診療体制ではそれは難しいですよね。

市民の希望に沿えない形の医療提供体制になっている・・・自分は土日も含め24時間働くのが医師の仕事!とは思いませんが、少なくとも国民の医療ニーズに合わせた形で医療を提供できるようにするのは施政者側の業務なんじゃないかなと思いますよ。また開業医も自分一人でそれが無理ならチーム制でもいいので地域で必要な医療を提供できるような体制を構築すべきではないかなぁとも思っています。

 

 

という訳で間違いなく今後は開業医制度や地域における医療提供体制についての制度変化がおきるでしょうね。かかりつけ医も制度化するでしょうし・・・・実際こんな議論も既にでてきています。

すべての開業医に地域で不足する医療機能(夜間対応など)への協力求める、外来機能報告データの利活用推進—第8次医療計画検討会(1)

 

開業医は自分のクリニックで自分の納得する医療を提供すればそれでいい・・・そんな時代はもう終わりました。自分のしたい医療と地域で必要とされる医療をオーバーラップさせて活動していくことが何より重要なんじゃないかなぁと思っています。

 

徒然なるままに書きましたが当院は土日も発熱外来できる範囲では行っています。必要な方はまずは連絡の上受診してください。また当院は外来診療ではかかりつけ医としての活動を最も重視しています。円山、宮の森、山の手近辺でかかりつけ医をお探しの方、まずは気軽に受診してみてください。お待ちしています。

 

現在の求人に関して

入職祝い金制度導入しました。是非直接応募ください→こちらをどうぞ!

人事部立ち上げました!!一緒にやってくれる方まだまだ募集しています!→こちらをどうぞ!

法人運営をしてみたい事務の方募集しています→こちらをどうぞ!

クリニックの事務長やってみたい方募集中→こちらをどうぞ!

医師の診療同行をしてくれる診療アシスタント募集しています→こちらをどうぞ!

札幌で在宅医療、在宅緩和ケアなどの訪問看護、地域密着型の外来看護をしたい看護師さん募集しています。診療所、訪問看護ステーション、看護小規模多機能など全事業所で募集中!→こちらをどうぞ!

医療事務さん募集中!→こちらをどうぞ!

MSWさん募集中!→こちらをどうぞ!

当院について

2022年上半期、それ以前の当院の診療実績→こちらをどうぞ!

現在の目標は2024年に病院を開設すること!一緒に病院つくりませんか?→こちらをどうぞ!

南区の分院、さっぽろみなみホームケアクリニックについて

さっぽろみなみホームケアクリニックでも訪問看護ステーション始めました。南区で訪問看護したい看護師さん募集中→こちらをどうぞ!

当院及びさっぽろみなみホームケアクリニックでは常勤医、非常勤医を募集しています→こちらをどうぞ!