個人的には薬剤師さんはワクチン接種の担い手になっていいと思いますが・・・<新型コロナウイルス感染症の対応を踏まえたワクチン接種・検体採取の担い手を 確保するための対応の在り方等に関する検討会 資料より>

こんにちは、札幌のかかりつけ医&在宅医@今井です。

 

本日の厚生省公開の資料において、今後のワクチン接種って医師看護師以外の誰ならできるの?ということを明確に示した文章が確認できました。以下興味ある方どうぞ

新型コロナウイルス感染症の対応を踏まえたワクチン接種・検体採取の担い手を確保するための対応の在り方等に関する検討会

PDFはこちらです。

医師・看護師以外でワクチン接種可能な職種として以下があげられているのが確認できます。

①歯科医師

②臨床検査技師

③救急救命士

④診療放射線技師

⑤臨床工学技士

そうです。冒頭にあげた通り薬剤師さんがはいってないんですよね!(^^)!一応文章中には

「また、薬剤師においては、歯科医師等がワクチン接種を行ってもなお担い手が不足する場合に備えて、ワクチン接種に係る研修に取り組んでいただいたところである。」

と記載してあります・・・・薬剤師さんが採用されなかった理由も文中から示唆され

「・・ヒアリング事項は、主に、人体への注射・採血、薬剤に係る副反応への対処、臨床現場での薬剤の取扱い及び鼻腔や咽頭周囲の治療について、①教育課程の中で基本的な教育を受けているか、②普段の業務のなかで、実施している状況であるか(実施する頻度はどれくらいか)とし、・・」

と書いてあるので、教育不足が第一に挙げられていますね。

 

 

個人的には薬剤師さんは人数と圧倒的な店舗数の面から言っても、現状では公衆衛生的な対応に協力してもらうのは悪くないのではないかと思いますが・・・可能ならオンライン+実務実習研修修了者には許可する、とかってしてもいいと思いますがね?

日薬はどう反応するでしょう?そして学生教育や卒後教育がどのように変わるでしょうか?変わらなければいけない時代は来ていると思いますが、皆さんは薬剤師さんのこの問題、どう思いますか?

 

 

入職祝い金制度導入しました。是非直接応募ください→こちらをどうぞ!

2022年上半期、それ以前の当院の診療実績→こちらをどうぞ!

現在の目標は2024年に病院を開設すること!一緒に病院つくりませんか?→こちらをどうぞ!

人事部立ち上げました!!一緒にやってくれる方まだまだ募集しています!→こちらをどうぞ!

法人運営をしてみたい事務の方募集しています→こちらをどうぞ!

クリニックの事務長やってみたい方募集中→こちらをどうぞ!

札幌で在宅医療、在宅緩和ケアなどの訪問看護、地域密着型の外来看護をしたい看護師さん募集しています。診療所、訪問看護ステーション、看護小規模多機能など全事業所で募集中!→こちらをどうぞ!

さっぽろみなみホームケアクリニックでも訪問看護ステーション始めました。南区で訪問看護したい看護師さん募集中→こちらをどうぞ!

当院及びさっぽろみなみホームケアクリニックでは常勤医、非常勤医を募集しています→こちらをどうぞ!