丸投げ在宅医、なんちゃって訪問看護だと患者さんが可哀そうですね。<高齢者施設はよく考えて選びましょう>

こんにちは、札幌のかかりつけ医&在宅医@今井です。

 

札幌市にはたくさんの高齢者住宅がありますが、住宅での医療面に関しては本当によく選ばないと丸投げ在宅医やなんちゃって訪問看護が跋扈していますのでご注意ください。

9●際の女性、ノア〇ーデン系列の高齢者住宅に入居しており普段はこ〇にメディカルサポートクリニックから訪問診療を、施設系列のナース〇アーズからの訪問看護を受けています。その方が今回38度の発熱が休日中にあったとのことで事前情報も連絡も何もなしに当院発熱外来受診されました。

 

ひとまず施設看護師に電話し状況聞いても「家族が連れて行ったので・・・」とのこと。在宅医に連絡したの?と聞いても「在宅医からは発熱時の指示はでていますが、時間外は対応しないと聞いています」ってことでなんじゃそりゃって感じです。

ご家族に話を聞くと「普段から訪問看護や訪問診療入ってもらっているのに、施設側から発熱外来につれていけっていう話があったんです。おかしいと思ったけれど仕方なく・・」と可哀そうなお返事です。

本来訪問診療や訪問看護って発熱時とか腹痛時とか、患者さんが困ったときに対応するために普段から診療しているんでしょ??それを土日だからとかGWだからとかで対応しないっていうのは完全におかしいと思います。

ひとまずこの患者さんは当院で対応しましたが、上記施設や医療機関にはもっと改善の余地はあるのでは?とお伝えしましたよ。

 

 

 

まぁ今時の札幌の大手事業者の高齢者住宅での医療ってこんなもんなんです。心ある在宅医や訪問看護師は手を引いて、施設ばかりみる、時間外対応をしない、診療に利益を求める医療機関が高齢者住宅を徘徊している・・・・残念ですがそれが実情です。

自分は医療機関が診療を通じて利益を得ることは当たり前だと思います。だってそれがないと活動継続していけないので・・・ただあくまで医療活動を継続するために利益を得るのはいいですが、金が第一目的になって、そのために患者さんを犠牲にして医療活動をしている医療機関や訪問看護ステーションはモラルとして最低だと思っています。皆さんもそう思いませんか??

 

 

皆さんもご家族入れるところはよくよく考えて選んでくださいね。体調崩した時に困るのはご自身やご家族ですから。

 

 

現在の目標は2024年に病院を開設すること!一緒に病院つくりませんか?→こちらをどうぞ!

成長する医療法人で人事部立ち上げに協力してくれませんか?→こちらをどうぞ!

法人運営をしてみたい事務の方募集しています→こちらをどうぞ!

札幌で在宅医療、在宅緩和ケアなどの訪問看護、地域密着型の外来看護をしたい看護師さん募集しています。診療所、訪問看護ステーション、看護小規模多機能など全事業所で募集中!→こちらをどうぞ!

さっぽろみなみホームケアクリニックでも訪問看護ステーション始めました。南区で訪問看護したい看護師さん募集中→こちらをどうぞ!

当院及びさっぽろみなみホームケアクリニックでは常勤医、非常勤医を募集しています→こちらをどうぞ!

2021年11月からクリニックから徒歩五分の場所でホスピス併設住宅開始しました!!入居希望の方は→こちらのHPこちらをどうぞ!

2021年以前の過去の当院の診療実績→こちらをどうぞ!

おすすめ過去ブログのまとめをみたい方→こちらをどうぞ!