早いですが2023年度に就職希望の医師複数名と面談しています。札幌で在宅医療をやりたい先生は早めに連絡くださいね。

こんにちは、札幌のかかりつけ医&在宅医@今井です。

 

2022年度がスタートしたばかりですが、「23年度から当院で勤務したい!」という複数の医師との面談がもう始まっています!!予想よりかなり早いタイミングでの準備となっています。例年夏過ぎてからが多かったような気がしますが、今年は何かあったんでしょうかね・・・

当法人では宮の森の当院及び北事務所、南区のさっぽろみなみホームケアクリニック、東区の有床診療所と、3(4)か所でDrを募集しており来年度も複数の医師の採用を行う予定です。在宅医療をきちんと札幌で学べる診療所って実はあんまりなくて、そのせいもあって当院希望する先生がいてくれるかなとも思っています。

もうちょっと”在宅医療を学ぶ”という点について詳しく説明したいと思います。確かに市内には在宅医療の専門医をとることができるクリニックさんがいくつかあります。ただ正直在宅医療の専門医なんて資格、在宅医として生きる上で全く必要はありません。実地でどれだけ経験ができるのか、あともっと重要なことは在宅医療に対する考え方や多職種連携の実際を学ぶことの方がもっと重要だと思います。当院ではそこは非常に重要視しています。

また多くの医師にとって在宅医療=専門外の医療も提供しなければいけない、少しハードルの高い医療、っていう認識だと思います。整形の先生が内科できるのか?とか、婦人科や麻酔科の先生が認知症患者さん診療できるの?って思うの、当たり前ですが不安感強いですよね。

当院には当院で一から在宅医療、総合診療を開始した医師が複数います。また自分自身もそうでした。(自分は脳神経外科出身だったので外科系の先生が内科や緩和ケアなどで苦労するポイント、めちゃくちゃよく理解できます。)なのでその先生方の経験なども生かして指導などをしていけると思っています。また困ったときに複数の医師が在籍している点も強みです。医局で医師同士で相談しながらやっていける、その点も他のクリニックにはない点ですね。

また開業したいと希望された先生も受け入れていましたので開業に必要な実務(人事労務や経営に関してなど)、クリニック運営などに関しても教えること可能です。当院のように自分自身でチームで在宅医療クリニックをやってみたい!と考えている先生にも対応は可能です。ここの点を教えてくれる在宅のクリニックは札幌にはまぁないかなと思いますよ。

 

 

 

ということで諸々書きましたが23年度に札幌で在宅医療をやりたい、医局辞めて在宅の世界に飛び込みたい、転科してオールマイティな医師として診療したい、そんな先生いましたら早めにご連絡ください。今年の秋や来年4月に就職するDrが早々に決まってしまう可能性もありますので!仲間が増えることは自分としてはとても楽しみです。お待ちしています。

 

 

現在の目標は2024年に病院を開設すること!→こちらをどうぞ!

法人運営をしてみたい事務の方募集しています→こちらをどうぞ!

札幌で在宅医療、在宅緩和ケアなどの訪問看護、地域密着型の外来看護をしたい看護師さん募集しています。診療所、訪問看護ステーション、看護小規模多機能など全事業所で募集中!→こちらをどうぞ!

さっぽろみなみホームケアクリニックでも訪問看護ステーション始めました。南区で訪問看護したい看護師さん募集中→こちらをどうぞ!

当院及びさっぽろみなみホームケアクリニックでは常勤医、非常勤医を募集しています→こちらをどうぞ!

2021年11月からクリニックから徒歩五分の場所でホスピス併設住宅開始しました!!入居希望の方は→こちらのHPこちらをどうぞ!

2021年以前の過去の当院の診療実績→こちらをどうぞ!

おすすめ過去ブログのまとめをみたい方→こちらをどうぞ!