緊急対応加算とっているのに訪問しないのはなぜ??

こんにちは、札幌のかかりつけ医&在宅医@今井です。

 

待機の日に登録していない携帯電話から連絡がありました。電話にでると

今井「こんにちは、いまいホームケアクリニック今井ですがどうされました?」

看「○○訪問看護ステーションの■■ですが、Aさんが高齢者住宅で今一つ調子悪そうって施設連絡きたんです。」

今井「それで?」

看「この患者さん、多分介護それなりにつかっているので訪問していいのかどうか、どうしたらいいのかって思って」

今井「一つ確認ですが緊急対応加算ってとっているんでしたっけ?」

看「とっています」

今井「緊急対応加算の点数とっているのに訪問しないってどうかと思いますが・・・・ちなみにケアマネさんに点数のこと確認しました?」

看「してないです」

今井「わかりました。ひとまず自分が診にいきます」

 

ということで自分が往診して見に行ったのですが、患者さんはほぼ問題ない感じで施設の職員さんと一緒に状態確認して診療終わりましたよ。その場にいたケアマネさんとも話はしましたが点数はまだ余裕があるのに、どうしてそんな対応なんだろう???と困惑されていました。

 

基本的に施設なり患者さんなりから「困ってます」という連絡が来た場合、訪問看護であればまずは訪問して状態確認はしてもらうのはミニマムかと思います。まして緊急対応加算とっているのに動かないって・・・

しかも末端のスタッフが間違ったっていうならまだしも後日確認すると対応していたの管理者さんみたいでした。もうなんというかこのステーションに対してはいうことないですね・・・

 

訪問看護ステーションは札幌でも本当に増えていますが、営利が目的で、本来の訪問看護の目的を忘れてしまっている事業所も散見されます。自分としてはこのことを他山の石として、自分達自身をきちんと見つめなおして気を引き締めて来月からの残り二月、頑張っていきたいと思います。

 

2021年11月からクリニックから徒歩五分の場所でホスピス併設住宅開始します→こちらをどうぞ!

2021年上半期~過去の当院の診療実績→こちらをどうぞ!

おすすめ過去ブログのまとめをみたい方→こちらをどうぞ!

現在当院の勤務に興味のある医師募集中→こちらこちらをどうぞ!開業に興味のある医師も募集→こちらこちらをどうぞ!

当院の診療所、もしくは法人内の訪問看護ステーションで働きたい看護師さんも随時募集しています→こちらをみてご連絡ください!

さっぽろみなみホームケアクリニックでも訪問看護ステーション始めます。南区で訪問看護したい看護師さん募集中→こちらをどうぞ!