自分がアクションを起こしてチームにプラス1をどうやってもたらすのか~他分野のプロフェッショナルからのメッセージ~

こんにちは、札幌のかかりつけ医&在宅医@今井です。

 

先日ちょっと筋トレするのに、中学~高校生の時にどんな感じで部活に取り組んでいたのか、昔の感覚を取り戻そうと思ってyoutubeで高校生の部活動のハードトレ動画を探していたのですが、とある引退したJリーガーの方がJユースのハードトレに参加する、という動画を見つけて見入っていました。

確かに運動はかなりハードだったのでそっちのモチベーションはかなり上がりました。が、その中ですごいビビビッてきた部分がありました。これは在宅医療や通常の医療、医師や看護師のキャリアにも通じるぞって・・・

ユースのトレーニングに参加し終わった後、元プロ選手の那須大亮さんからユースの選手に伝えた激励の言葉です。以下動画でどうぞ

 

「なんのためにやるのか目的を知ってほしい」

「100%のベストで準備するのは当たり前のこと」

「自分がアクションを起こしてチームにプラス1をどうやってもたらすのかが重要」

「自分だけの武器を考えて磨く」

「チームで戦うけれど最大限自分の色をだしていければチームは本当に大きく変化する」

「それを継続していくことが何より重要」

 

 

どんな道でも極めた人の言葉はジャンルが違っても響きますね・・・

在宅医療の分野でも、例えばですが訪問看護師さんで考えると、上記のように一回一回の訪問に100%の準備を当たり前のようにして、自分だけの色をだして看護を提供し、医師や他職種に対してアクションを継続して起こしていく、ということをしているプロ意識の高い医療者はどれだけいるでしょうか??

 

筋トレのための動画視聴でしたが、むしろチーム医療におけるプロ意識とは何か、組織と個人の在り方はどうあるべきかという、深いところでの問題提示をされたと自分は捉えました・・・皆さんはこの動画から何を感じとりますか?プロ意識をここまで高くもって毎日過ごすことができていますか?自分は内省し、日々の生活を改めて120%の準備と意識で取り組みたいと考えましたよ。

 

2021年11月からクリニックから徒歩五分の場所でホスピス併設住宅開始します→こちらをどうぞ!

 

2021年上半期~過去の当院の診療実績→こちらをどうぞ!

おすすめ過去ブログのまとめをみたい方→こちらをどうぞ!

現在当院の勤務に興味のある医師募集中→こちらこちらをどうぞ!開業に興味のある医師も募集→こちらこちらをどうぞ!

当院の診療所、もしくは法人内の訪問看護ステーションで働きたい看護師さんも随時募集しています→こちらをみてご連絡ください!

さっぽろみなみホームケアクリニックでも訪問看護ステーション始めます。南区で訪問看護したい看護師さん募集中→こちらをどうぞ!