診療視点のない医療機関経営はあり得ない、また経営視点のない診療も厳しい・・・

こんにちは、札幌のかかりつけ医&在宅医@今井です。

 

最近とある医療機関の経営について経営者から相談、というか話を聞く機会がありました。そこで諸々当院の状況なども含めて参加した他のクリニックの先生とも話はしたのですが、やはり厳しい経営を強いられている医療機関は”経営視点での診療がない”ということを最確認しました。

経営視点での診療とはどういうことか・・・・患者さんから多くの利益を生むように過剰診療する、ということでは絶対なくて、どのような医療を提供すればどの程度の金額が医療機関にもたらされるかを理解してもらった上でできる範囲での診療をしてもらう、ということです。

この視点が職員に、特に管理職にあるかないかで大きく変わるな、そう複数の医療機関のトップと話しをして感じましたよ。

 

逆に診療視点のない経営とはどういうものか・・・なんとなくわかると思いますが、経営側の想いだけで現場を振りまわす形になるのですが、これはこれでまたダメですよね。患者さんにとってはメリットはありません。

診療や看護を実際する人には「経営視点をもって」、経営する側には「診療や看護をする視点をもって」ということが必要なんですが、これを理解できる医療職って本当に少ないですね。

皆さんは経営視点の診療、診療視点の経営って考えたことありますか?

 

2021年11月からクリニックから徒歩五分の場所でホスピス併設住宅開始します→こちらをどうぞ!

2021年上半期~過去の当院の診療実績→こちらをどうぞ!

おすすめ過去ブログのまとめをみたい方→こちらをどうぞ!

現在当院の勤務に興味のある医師募集中→こちらやこちらをどうぞ!開業に興味のある医師も募集→こちらとこちらをどうぞ!

当院の診療所、もしくは法人内の訪問看護ステーションで働きたい看護師さんも随時募集しています→こちらをみてご連絡ください!

さっぽろみなみホームケアクリニックでも訪問看護ステーション始めます。南区で訪問看護したい看護師さん募集中→こちらをどうぞ!

Follow @imai_homecare