病院に連れていくのに一苦労・・・

こんにちは、札幌のかかりつけ医&在宅医@今井です。

 

高齢の親御さんが認知機能が低下、検査したいけれど病気自体を拒否して中々つれていくことが難しい、どうしたらいいでしょう?そんな質問を外来診療をしている時に40代、50代の方からまま受けます。

自分に病気があると思っていない人を病院に連れていくこと、本当に難しいことはよく理解しています。どうしても外来につれてくることが難しければ自宅に伺う往診、という対応が必要な方もいます。

認知症の検査って確かにMCIと呼ばれている予備軍の方は詳細な検査が必要ですが、かなり進行した患者さんの場合は血管性認知症か、アルツハイマー型認知症か、レビー小体型認知症かなどは、ある程度の問診と神経所見、身体所見などから推察することは在宅の現場でも十分可能です。

 

「できれば健診が必要だから、とかっていう理由つけて外来に連れてきてもらうのがベターですが、本当に困っているのなら往診対応もしますよ」外来患者さんに上記のような質問を受けた場合はそのようにお伝えしています。

病院に連れていくことが難しい患者さんも、自宅で診療する分には意外に受け入れがいい場合は少なくありません。連れていけなくて困っている家族の方いましたら近くの診療所や在宅クリニックに単発の往診でも頼んでみてはいかがでしょうか?

 

2021年11月からクリニックから徒歩五分の場所でホスピス併設住宅開始します→こちらをどうぞ!

2021年上半期~過去の当院の診療実績→こちらをどうぞ!

おすすめ過去ブログのまとめをみたい方→こちらをどうぞ!

現在当院の勤務に興味のある医師募集中→こちらこちらをどうぞ!開業に興味のある医師も募集→こちらこちらをどうぞ!

当院の診療所、もしくは法人内の訪問看護ステーションで働きたい看護師さんも随時募集しています→こちらをみてご連絡ください!

さっぽろみなみホームケアクリニックでも訪問看護ステーション始めます。南区で訪問看護したい看護師さん募集中→こちらをどうぞ!