新型コロナウイルス感染症の診療所経営への影響-2020年9~10月分-

こんにちは、札幌のかかりつけ医&在宅医@今井です。

 

日医総研から2020年9月~10月にかけての期間での「新型コロナウイルス感染症の診療所経営への影響」が資料として公開されました。

全体を論じるにはNが少ないかなと思いますが、肌感覚としてはおおむね理解、納得できる内容かと思います。

文中で「入院外(外来と在宅)件数の対前年同月比は、2020 年 5 月を底として、徐々に回復してきている。しかし、依然としておおむねマイナスである。特に小児科と耳鼻咽喉科のマイナス幅が大きく、受診控えが長期間つづいていることがうかがえる。」

と書いてある部分がありましたが、個人的には今年中には再度一度底まで落ちるような時期が来るかなと思っています。(変異株や季節要因、環境要因、ワクチン接種の遅れのために)

皆さんはこの資料をどう読むでしょうか?よければご意見くださいね。

 

新型コロナウイルス感染症の診療所経営への影響-2020年9~10月分-

トップページのみ下に掲示します。

2020年の当院の診療実績→こちらをどうぞ!

2020年5月から北区、手稲区でも訪問診療開始しています→興味ある方はこちらこちらをどうぞ!

おすすめ過去ブログのまとめをみたい方→こちらをどうぞ!

現在当院の勤務に興味のある医師募集中→こちらこちらをどうぞ!

開業に興味のある医師も募集→こちらこちらをどうぞ!

当院の診療所、もしくは法人内の訪問看護ステーションで働きたい看護師さんも随時募集しています→こちらをみてご連絡ください!

札幌で訪問看護ステーションを起業したい看護師さん→こちらをどうぞ!

医師の仕事に興味ある中学生、高校生の方、診療所見学しませんか?→こちらを確認してみてください!