入院中の患者さんに会えなくなって半年・・・苦悩されている家族は本当に多い

こんにちは、札幌のかかりつけ医&在宅医@今井です。

 

現在診療所の事務部門は久しぶりの作業スペースの変更中。人数や必要とされている業務に併せ適宜レイアウト変更しています。

さて最近在宅患者さんの新規依頼は多いのですが、やっぱり入院中の患者さんに面会できないこと、できても10分程度、という状況に苦悩している家族の方は本当に多いですね。特に時間が限られている疾患(がん、ALSなど)や超高齢者や認知症の患者さんの家族の方ほど、どうしたらいいのか悩まれています・・・

また日々の外来診療でも入院中の患者さんの家族の方の診察をする機会が多いですが、皆さん面会できないストレスをかなり強く訴えられています。病院の都合も十分理解できますし、外からウイルスを持ち込む可能性をできるだけ排除するために面会制限せざるを得ないのは重々承知していますが、それでもこれだけ苦悩されている家族の方の数の多さをみると、どうにかできないかな、と素朴な疑問が頭をかすめます。

 

 

病院の面会制限は少なくとも来春までは続くでしょう・・・・そんな状況で突然亡くなってしまったら、家族の悲嘆や苦悩は死後もずーっと続くでしょうね。在宅医療が果たすべき役割は今後ますます重要視されそうです。

一緒の時間を過ごしたいと考えている患者さんや家族の方がいましたら在宅医療という選択肢も考えて諸々相談することをお勧めします。当院は専門の相談員のMSWが多数在籍していますので何かあればまずは相談のご連絡くださいね。神経難病やがん終末期の患者さんまで疾患問わず診察させて頂きますので!

 

2020年上半期の当院の診療実績→こちらをどうぞ!

2020年5月から北区、手稲区でも訪問診療開始しています→興味ある方はこちらこちらをどうぞ!

おすすめ過去ブログのまとめをみたい方→こちらをどうぞ!

現在当院の勤務に興味のある医師募集中→こちらこちらをどうぞ!

開業に興味のある医師も募集→こちらこちらをどうぞ!

当院の診療所、もしくは法人内の訪問看護ステーションで働きたい看護師さんも随時募集しています→こちらをみてご連絡ください!

医師の仕事に興味ある中学生、高校生の方、診療所見学しませんか?→こちらを確認してみてください!