「令和2年度診療報酬改定の基本方針」を確認しておこう!!

こんにちは、札幌のかかりつけ医&在宅医@今井です。

 

地域の中で生活目線で診療している街医者の一人であったとしても社会保障制度の改革がどうなっていくのかは非常に興味があります。システムの中で働く一人としても、また一人の被保険者としても、また先々自分の子供たちにどうつなげていくかを考える大人の一人としても、とても重要な問題ですよね。

個人的には社会保障制度改革に関しては、2年に一度の改定のみをみていくべきではなくもっと長いスパンで国が何を目指していくのかを考えることが大事だと思っています。今回の2020年度の改定は、2025年の段階の世代が後期高齢者に入るまでの期間に何を準備していきたいと国が思っているのかをよりよく表しているかなと個人的には思いましたが、皆さんはこの資料を読んでどのような感想をもちますか?よければ教えてくださいね。

では資料を一緒に看ていきましょう。

厚生労働省HPより

令和2年度診療報酬改定の基本方針

000575309

医療政策に関してはかなりの部分公的文書を丁寧に読む事で未来を予想することができますね。皆さんも自分なりに先々を予測して準備してみてくーださい。

 

当院の2019年上半期の診療実績を知りたい方→こちらをどうぞ!

おすすめ過去ブログのまとめをみたい方→こちらをどうぞ!

現在当院の勤務に興味のある医師募集中→こちらをどうぞ!

開業に興味のある医師も募集→こちらこちらをどうぞ!

当院の診療所、もしくは法人内の訪問看護ステーションで働きたい看護師さんも随時募集しています→こちらをみてご連絡ください!

在宅医療の現場で働きたい、患者さんに関ってみたいと考えている方募集しています。資格は問いません。→こちらをどうぞ!