在宅医療の利用の仕方は人それぞれ・・・正解も人によって違うのが当たり前です

こんにちは、札幌のかかりつけ医&在宅医@今井です。

 

よく患者さんから聞かれて返答に困るのが「在宅受ける時に○○○って考えているんですが、これって他の人ではどうなんでしょうか?」とか「普通だと在宅医療って○○○の場合どうするんですか?」っていう質問です。

確かに病院で受ける医療では疾患に対しての標準的な治療方針があって、どのようにアプローチしていくかはある程度医療者は型通りに説明しやすいのです。なのでおそらくはその名残かとも思うんですが、結構な数の患者さん家族が「在宅医療の利用の仕方の標準」っていうのがなんなのかを知りたがります。

ただ在宅医療の利用の仕方って本当に人により千差万別なんですよね。訪問看護だけの利用の人もいれば訪問診療だけの人もいる、期待することも生活も含め全般的にどんどん関わってほしいと言う人もいれば介入は必要最小限にしてください、という方ももちろんいらっしゃいます。

どれが正解かなんて人によって違いますし、個人的にはおそらくはその人が望むことが提供できる在宅医療こそが望まれることなんじゃないのかなと思いますので、違って当然なんじゃないかなと考えていますよ。

 

在宅医療の利用の仕方は人それぞれ、ただ重要なことはなんのために在宅医療を導入するのか、という1点においてはきちんと理解しておくことが大事な基礎的なことなんじゃないかと思います。

皆さんや家族の方が在宅医療を受ける時、遠慮なく希望やして欲しいこと、してほしくないことを医療者に伝えていいと思います。それを在宅医療者は必ず勘案しその人だけの医療を考えてくれるはずですよ!!

札幌で在宅医療、訪問看護、訪問診療が必要な方いましたら気軽にご連絡くださいね~

 

当院の2019年上半期の診療実績を知りたい方→こちらをどうぞ!

おすすめ過去ブログのまとめをみたい方→こちらをどうぞ!

現在当院の勤務に興味のある医師募集中→こちらをどうぞ!

開業に興味のある医師も募集→こちらこちらをどうぞ!

当院の診療所、もしくは法人内の訪問看護ステーションで働きたい看護師さんも随時募集しています→こちらをみてご連絡ください!