終末期以外のがん患者さんも介護保険が利用できるようになりました。在宅緩和ケアでケアマネさんの果たす役割がどんどん広がりそうですね。

こんにちは、札幌の在宅緩和ケア医@今井です。

 

これまでは癌の患者さんが介護保険を利用するのは「がん終末期」であるという縛りが必要でしたが、今回厚生労働省からの通知で終末期でなくても介護保険の申請ができるように改善されました。

今までがん患者さんの予後予測はかなり難しく、結局終末期になったので申請はしたけれど利用できないとか、申請が間に合わないから自費で対応するなど、制度として不十分な点が存在していたのにようやく対応してくれた形ですね。

↓以下通知内容です。

癌終末期の患者さんを支援するチームの構築って本当に短期間に色々しなければならないことが多いので、あらかじめケアマネさんだけでも介入できていたら全然違った形で医療者にも患者さん本人にもストレスのないような在宅医療サービス提供につながるでしょう。

在宅緩和ケアにおけるケアマネさんの役割はどんどん拡大していきそうですね、ケアマネさん一緒にがんばりましょう!!

 

 

当院の2018年上半期の診療実績を知りたい方→こちらをどうぞ!

現在当院の勤務に興味のある医師募集中→こちらをどうぞ!

開業に興味のある医師も募集→こちらをどうぞ!

当院の訪問看護ステーションで働きたい看護師さん→こちらをどうぞ!

外来や訪問看護、地域で活動したい看護師さんも→こちらをどうぞ!