【女医さんは不必要?】東京医大の入学試験で女性が一律減点に・・・

こんにちは、札幌の医師@今井です。

読売新聞の記事ですが衝撃的な記事ありましたね。

東京医大、女子受験生を一律減点…合格者数抑制

東京医科大(東京)が今年2月に行った医学部医学科の一般入試で、女子受験者の得点を一律に減点し、合格者数を抑えていたことが関係者の話でわかった。女子だけに不利な操作は、受験者側に一切の説明がないまま2011年頃から続いていた。大学の一般入試で性別を対象とした恣意しい的な操作が明らかになるのは極めて異例で、議論を呼びそうだ。

 東京地検特捜部も、文部科学省の私大支援事業を巡る汚職事件の捜査の過程で、同大によるこうした操作を把握しており、同大は現在、内部調査で事実関係の確認を進めている。

 同大医学科の今年の一般入試は、数学・理科・英語のマークシート方式(数学の一部を除く)で1次試験(計400点満点)を実施。2次に進んだ受験者が小論文(100点満点)と面接を受け、1次の得点と合算して合否が決まった。

他の記事もありました。

離職の恐れで女性医師敬遠、関係者「必要悪だ」

東京医科大(東京)医学部医学科の一般入試で、同大が女子受験者の得点を一律に減点し、合格者数を抑えていたことが明らかになった。同大出身の女性医師が結婚や出産で離職すれば、系列病院の医師が不足する恐れがあることが背景にあったとされる。水面下で女子だけが不利に扱われていたことに対し、女性医師や女子受験生からは「時代遅れだ」との声が上がる。

 「いわば必要悪。暗黙の了解だった」。同大関係者は、女子の合格者数を意図的に減らしていたことについてそう語る。

 この関係者によると、同大による女子合格者の抑制は2011年頃に始まった。10年の医学科の一般入試で女子の合格者数が69人と全体(181人)の38%に達したためだ。医師の国家試験に合格した同大出身者の大半は、系列の病院で働くことになる。緊急の手術が多く勤務体系が不規則な外科では、女性医師は敬遠されがちで、「女3人で男1人分」との言葉もささやかれているという。

 

 

 

いまどき大学がこんな事しているなんてなんて時代錯誤!!しかもこれ2011年からもう7年近く行われていたんですね。誰も問題ありとは思わなかったんでしょうか?東京医大の大学のガバナンスってどうなっているんでしょうか?

この問題には

①男性医師なら時間に関係なくとにかく働かせることが可能

②女医さんが妊娠、出産、子育てなどのライフイベントを人並みにすることが敬遠されている

③女医さんのライフイベント後のキャリア復帰が現状うまくできない

などが医師(女医さん含む)の働き方、仕事の問題として根底にあるのが原因ですね。

これらの問題があることを棚に上げて”女医さんが戦力ならないからとらないようにしよう”なんて、なんて了見の狭い話でしょうかね・・・本当にこれ決定した人と大学自体の存在意義を疑ってしまいます

当院では女医さんは貴重な戦力ですし、男性より優っている点がたくさんあります。そりゃ体力は男の方がありますよ?ただ女性ならではの感性や知性、調整力などはどう考えても男にはないよな、っていうのは否定できないですよね。

馬車馬のように働かせようとするからこんなバカな決定になってしまうのでしょう・・・・なんだかなぁ・・・・

 

 

医師の働き方改革に関する検討会では医師の労働がどうあるべきかが議論になっていますが、医療界で今一番大事なことは働き方改革より経営者がどう働かせるのか、まさしく”働かせ方改革”の方ではないかと思いますがいかがでしょうか?

皆さんはどう考えますか?良かったらご意見教えてくださいね。

 

 

当院の2018年上半期の診療実績を知りたい方→こちらをどうぞ!

現在当院の勤務に興味のある医師募集中→こちらをどうぞ!

開業に興味のある医師も募集→こちらをどうぞ!

外来や訪問看護、地域で活動したい看護師さんも→こちらをどうぞ!

南区の分院で医療事務の方募集しています→こちらをどうぞ!

「在宅療養支援診療所の開業、経営、運営の教科書」書いてます→こちらをどうぞ!