24時間対応をしない訪問看護ステーションとは一緒に在宅医療をすることはできません。

こんにちは、札幌の在宅医@今井です。

当院への新規の訪問診療依頼では重症度の高い患者さんは結構多いです。殆どのステーションではきちんと24時間対応や土日の対応もしてくれるステーションが多くなってきていますが、やはりまだまだ緊急対応しないというステーションも稀に見られます。

そんなステーションですが、大抵

①針灸マッサージ業者が運営しているなんちゃってステーション

②訪問リハが主体のステーション

③病院が主体のステーション

ではないかと思います。

当院は基本的には重症度が高い、もしくは今後重症度が高くなりそうだと思われる患者さんに関してはこれからの24時間対応をしない訪問看護ステーションに関しては利用しないことにしています。

理由としては

①在宅のチーム医療の中で医師や薬剤師さん、ケアマネが土日も対応するのに一番の基盤となる看護師が緊急対応しないのは絶対おかしいから

②その様な対応の訪問看護ステーションでは看護師さんの質も・・・・(訪問看護のスキルアップには夜間や土日の緊急対応は必須です)

③いよいよとなっても患者さんの側から「訪問看護の変更は嫌だ、慣れた看護師さんがいい」というのが8割で、結局診療で対応難しいことも診療で行わざるをえなくなるから

っていうのが大きな理由かと思います。

そもそも24時間対応しない訪問看護ステーションってなんのための訪問看護なんでしょうかね~、早く訪問看護ステーションの設置要件に在宅療養支援診療所と同じ様に24時間対応を義務づけてほしいと思います。(もちろんこれは訪問診療を楽に行いたいのではなく患者さん目線からですよ)

 

皆さんのご意見はいかがですか?よければ教えてくださいね。

 

現在医師募集中→こちらをどうぞ!

外来や訪問看護、地域で活動したい看護師さんも→こちらをどうぞ!

このエントリーをはてなブックマークに追加