後期高齢者の医療費も2割負担、介護保険も原則2割負担という方針【財務省の4月25日財政制度分科会資料を読んで】

こんにちは、公的資料を診療の合間に読んでいる札幌の在宅医@今井です。

社会保障の議論が中医協からその場を移しつつありますが今回は財務省での議論について資料をみながらみてみましょう。

結論から先に述べると資料の要点は

①75歳以上の後期⾼齢者の自己負担について2割負担とすべき

②介護保険サービスの利⽤者負担を原則2割とするなど、段階的に引き上げていく

③医療保険・介護保険における負担の在り方全般について、マイナンバーを活用して、所得のみならず、金融資産の保有状況も勘案して負担能力を判定するための具体的な制度設計について検討を進めていく

などでしょうかね~

是非資料をみてくださいね

財務省HP より 資料4 社会保障について②

 

いかがですか?この内容、必ず2~4年後に反映されていくと考えるのは自分だけではないはずです。公的資料の中に未来をみつめる真実がある、社会保障の将来を予想してさらに行動していきましょうね。

 

現在医師募集中→こちらをどうぞ!

外来や訪問看護、地域で活動したい看護師さんも→こちらをどうぞ!

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。