速報!オンライン診療料、オンライン医学管理料、オンライン在宅管理料についての資料の内容について

こんにちは、医療制度研究家@今井です。

2018年の診療報酬改定の資料がでました。ひとまず一番気になっていた遠隔診療についての資料のみさくっと読んでみたいと思います。

中央社会保険医療協議会 総会(第386回) 議事次第

資料から

 

気になる要点を抜き出します。

1初診から算定まで一定期間を要すること

2連続して○月(恐らく3か月程度)は算定できないこと

3情報通信機器は指定があること

4施設基準で<緊急時に概ね○分以内に当該保険医療機関において診察可能な体制を有していること>が設定されていること。おそらくはクリニックから30分から60分程度となるのではないでしょうか

5在宅時医学総合管理料では月1の人の加算という形で認められたこと

6 また当月あたりのオンライン診療料の割合が再診の中で○○%と制限がついたこと

 

でしょうか。最初のオンライン診療料の創設としては思ったより解禁の方向に動いていてビックリしました!!皆さんはどう考えましたか?



ついでに訪問看護に興味のある方は以下もどうぞ

在宅医療の現場で感じた訪問看護師が増えない5つの理由、そしてそのための3つの解決策について

このエントリーをはてなブックマークに追加