院内の勉強会&老健ショート中の処方薬の問題などなど

この前裂傷縫合したお子ちゃん、傷が良くなっていて良かったです・・・・

 

こんにちは、本日昼は医局会の前に気管カニュレの勉強会を開催致しました。

カニュレの構造や使い方、実際の運用方法など、復習の意味も込めて再度看護師や医師全員で勉強しました。スタッフの間では内筒は痰がらみが多い人には基本使用した方がいいよねって話もでていたんですが、自分としては誰が一番最初にこういうのか期待していました。

「内筒はつかわないとぅね・・・・・・・」

・・・・まぁつまらないダジャレはさておき、こんな勉強会も不定期ですが開催している当院でした。

 

さて本日の医局会では老健施設にショートしている患者さんのお薬の問題についてスタッフの間で話をしました。老健ショート中の薬の処方は基本的に包括となるようで、入所じゃなくてもショートであっても基本だしてはいけないとのこと・・・・これって国保にも社保にも確認してみたんですが「基本老健ショート中は薬は他からだしたらダメよ」って話でした。

うーん、ますます在宅の患者さんが老健の短期のショートやロングショートとかも利用しづらくなるような・・・往診はOKでも薬の処方はだめって本当に片手落ちのシステムとなっています。ここんところ早く制度として調整してほしいですね。ショート中の往診や訪問診療、クスリの処方や訪問看護の利用などどうあるべきなのか、そろそろきちんと検討していく時期だと思います。

 

皆さんはこれまで困ったことありませんか?

 

 


このエントリーをはてなブックマークに追加