クリニックからのみなしでの訪問看護も再開しています

本日2回目の更新です・・・

 

こんにちは、外来開始もそうですが今週からクリニックからのみなしでの訪問看護も再開しています。訪問看護ステーションがきちんと契約して定期訪問看護をスタートさせるのに対し、外来からのみなしの訪問看護は一時的に体調不良となって通うのが難しい患者さんが対象です。いわゆる”医療保険での急性増悪時の特別訪問看護指示”ってものを利用しています。全ての患者さんが対象になるわけではなく、基本的には動くのが(通院するのが)難しい患者さんで短期間のみの介入でよさそうな人が当院の外来からの訪問看護の対象者です。というのも従来の訪問看護ステーションからの訪問看護では、おそらく全国的にもそうだとは思いますが、基本的には定期的に利用するのが前提の患者さんのみを対象としています。

自分の往診もそうですが冬季などは急性増悪時のみ必要だ!!っていう患者さん、絶対いると思うんですよね。そんな患者さんですがこれまでは短期間の介入が訪問看護でできない場合入院するしかなかったと思うんです。外来からの訪問看護が短期間でも対応してあげるよ、ってなれば在宅での治療や療養を継続できて不要な入院を減らせると思うんです。

土日祝日の外来診療に加えてさらにクリニックからのみなしの訪問看護を利用する人が増えて、患者さんがあんまり入院しなくてもすむようになればいいですね・・・

 

 

という訳で短いですが今回はこんな感じで終了です。よければ昔に書いたこの記事も参考にしてください。

クリニックからの訪問看護とステーションからの訪問看護の違い www.imai-hcc.com/archives/3031

 

 


このエントリーをはてなブックマークに追加