担癌患者さんの復職と勤務支援体制の問題

外来開始まであと2カ月となりました・・・・準備をしないと・・・・

 

こんにちは、産業医研修明け@今井です。産業医研修でもあった話ですが、疾病を抱える人の復職のタイミングや仕事の内容って本当に難しい問題だなと最近実感しています。SWさんとかは現実よく相談で聞く話だとは思いますが、立場が逆の企業にいる産業医サイドから考えるとどの程度負荷をかけていいのか、適正職場はどこなのか、などなど・・・・・・今までの在宅医の立場とはまた違った考えを最近はもてるようになりました。

特に担癌患者さんの復職と勤務支援体制の問題などはどうなっているのかなぁと資料探していたらこんな公的資料みつけましたので皆さんと共有したいと思います。少し長いですがためになる、いい内容ですのでみてみてください。

労働政策研究・研修機構 http://www.jil.go.jp/ より

がん治療を受けながら働く人々が抱える問題とその支援 http://www.jil.go.jp/institute/zassi/backnumber/2017/05/pdf/013-024.pdf

1

2

3

4

5

6

7

8

9

10

 

11

12

 

 

さて午後も急いで診療に出発です・・・・・