介護休業制度における「常時介護を必要とする状態に関する判断基準」について

こんにちは、今日は色々用事があって更新する時間がありませんでしたので簡単に気になった医療ニュースのみご紹介して終了です。 (ようするにたまった書類の整理に時間がかかったってことです・・・・・)

介護休業取得に関してこれまでは明確な基準が設定されてはいませんでしたが、どうやら試案では”介護度が要介護2以上”っていうのがひとつの線引きラインになりそうな感じです。病状が急激に悪化することが予想される場合(癌末期など)はどうなるんでしょうかね。最近札幌市の介護認定も実感としてはかなり厳しくなってきている印象ですんでかなり対象者絞られることになるのかも・・・・・(この状態で要支援なの?ってこの1か月何度言ったか覚えてません。)

元の資料をみて皆さんも確認してみてください。今後この話がどうなっていくのか推移見ていきたいと思います。(それにしても厚生省もこういう話題、何気なく資料アップはしているんですね。こまめにチェックしている人ってどれだけいるんでしょうか・・・・)

第3回介護休業制度における「常時介護を必要とする状態に関する判断基準」に関する研究会

http://www.mhlw.go.jp/stf/shingi2/0000129823.html 資料1より

1

2

3

4

5

6

7

土日はアクセス数かなり減っていますがこの記事・・・・あんまり注目されないでしょうね・・・・って30分で更新なら仕方ないですね・・・・