日本における医療のデジタル化を推進する上で、保険審査の透明性は避けては通れない問題ですね。

こんにちは、札幌のかかりつけ医&在宅医@今井です。

 

医療のデジタル化が盛んに叫ばれていますが中々現状は遅々としてすすみませんね・・・ようやくオンライン診療がコロナの影響もあり一歩先に進み始めましたが本格的に日本の医療現場でデジタル化がすすんでいくのにはこれから数年~10年単位で時間がかかるでしょうね。

さてさて、そんな感じで上記関連のなんか面白い内容の記事ないかなぁと諸々記事を探していたら、アメリカで保険者の支払いについてブロックチェーンとビットコインを活用しているよ、という興味深い記事をみつけました。以下どうぞ

医療業界のフィンテックで「ブロックチェーン」と「ビットコイン」が用いられるワケ

 

保健支払いにブロックチェーンとビットコインを活用することで患者毎の情報管理を徹底できる、未払いが少なくなる、事務手続きが簡素化する、支払い基準が明確になるなどのメリットがあるよ~との記事ですが、日本ではまずこの技術の導入は現状は難しいでしょうね。

一番の理由は保険診療の支払い基準が全国統一となっていないこと、保険じゃの匙加減一つで医療保険の適応がコロコロ変わるシステムなのでクリアな基準を示すことは現状できないのが実情です。

ただ今後支払い手続きにかける事務の簡素化、保険者の負担軽減などを行うためには社会保険診療の審査の透明性はさけては通れない問題ですね。

 

医療のデジタル化を推進するためにはまずは医療保険の保険者制度の透明化は避けては通れない問題かなと思っていますが皆さんはどうでしょうか?よければご意見くださいね。

 

 

2020年上半期の当院の診療実績→こちらをどうぞ!

2020年5月から北区、手稲区でも訪問診療開始しています→興味ある方はこちらこちらをどうぞ!

おすすめ過去ブログのまとめをみたい方→こちらをどうぞ!

現在当院の勤務に興味のある医師募集中→こちらこちらをどうぞ!

開業に興味のある医師も募集→こちらこちらをどうぞ!

当院の診療所、もしくは法人内の訪問看護ステーションで働きたい看護師さんも随時募集しています→こちらをみてご連絡ください!

札幌で訪問看護ステーションを起業したい看護師さん→こちらをどうぞ!

医師の仕事に興味ある中学生、高校生の方、診療所見学しませんか?→こちらを確認してみてください!


<小児科・皮膚科・内科・脳神経外科>オンライン診療開始します。

こんにちは、札幌のかかりつけ医&在宅医@今井です。

 

前々からいつかはオンライン診療を取り入れようと思っていましたが、今回のコロナ禍のためについに導入することを決定しました。

開始時期:10月12日から

診療科:小児科・内科・皮膚科・脳神経外科

 

詳細:小児科・内科・脳神経外科の患者さんに関しては初診及び再診の患者さん両者とも診察致します。しかしオンライン診療にて病状確認がやはり対面診療が妥当だと考えた場合は来院をお願いする場合もありますのでその際はご了承ください。(再診の方はおそらくそれはないかと思います)

皮膚科に関しては当面は再診患者さんのみ対象とします。皮膚の状態が比較的安定しており大きな治療方針の変更がない方が対象となります。

 

詳細は今週中に”お知らせ”で伝えようと思いますので興味ある方はそちらをご確認ください。

軽度の感染症の方、慢性疾患で来院しなくても大丈夫だと考える方、その他病状について相談したい方(緩和ケア)、色々ご利用して頂ければと思います。

 

2020年上半期の当院の診療実績→こちらをどうぞ!

2020年5月から北区、手稲区でも訪問診療開始しています→興味ある方はこちらこちらをどうぞ!

おすすめ過去ブログのまとめをみたい方→こちらをどうぞ!

現在当院の勤務に興味のある医師募集中→こちらこちらをどうぞ!

開業に興味のある医師も募集→こちらこちらをどうぞ!

当院の診療所、もしくは法人内の訪問看護ステーションで働きたい看護師さんも随時募集しています→こちらをみてご連絡ください!

札幌で訪問看護ステーションを起業したい看護師さん→こちらをどうぞ!

医師の仕事に興味ある中学生、高校生の方、診療所見学しませんか?→こちらを確認してみてください!