”みなしの訪問看護”ってなんですか?そのメリットとデメリットは?【希望者は募集もしています!】

こんにちは、札幌のかかりつけ医&在宅医@今井です。

 

当院は開設当初からクリニックからの訪問看護、よく言う”みなしの訪問看護”を行っています。そこで結構「そもそも”みなし”ってなんですか?」って質問聞かれるんですが、その答えは以下のようになります。

「訪問看護ステーションは管轄の地方厚生局などに事業所としてきちんと届け出申請をして許可を受けた上で訪問看護事業を開始できるのですが、診療所や病院といった医療機関で行う訪問看護であれば、初めから訪問看護可能とのこ許可を受けたとみなされているため特段申請をしなくても訪問看護事業を開始できる、この許可を受けたとみなされることをいわゆる「みなし」の訪問看護、と言いますよ。」

とお伝えしています。

ではみなしの訪問看護ステーションのメリットとデメリットはなんでしょうか?簡単にまとめると以下のようになります。(以前にもこちらで書きましたが)

メリット

①保険請求の費用が安いため患者さん負担が少ない

②カルテ記載でOKであるため訪問看護ステーション程書類管理が大変ではない

③医師(在宅医)が同じ診療所にいるため指示を確認しやすい&こまめな医療や処置が可能

④がん終末期では高額療養費の問題が簡単にクリアできる

⓹病院であれば入院した後も継続して関わることができる

デメリット

①保険請求の費用が安いため経営上のうまみは少ない

②医師が近いため、ステーション程自立した存在とはなれない

③対象が自院の医師が診察している患者さんに限定される

④在宅医がいないとみなしの訪問看護のメリットが十分に生かせない

 

などでしょうかね。正直みなしの訪問看護のデメリットって経営上の問題以外は大きくはないかなと思います

ならばなぜみなしの訪問看護が世間に広がらないのかって??病院ではそもそも看護師という人的リソースを訪問看護に割くくらいなら病棟に割きたい、というのが本音でしょうし、そもそも在宅医がいてこそのみなしの訪問看護、という側面はあるので、在宅医がいなきゃメリットそんなにいかせないですし・・・経営のことを言うならステーションとみなしの訪問看護って費用が片方が10000円だとしたら片方は5000円くらいですからね。1/2~2/3くらいのお金にしかならないのです・・・・

 

札幌市内ではいくつかの在宅クリニックでは訪問診療と訪問看護を一緒に行っているところもあります。当院もその中の一つです。さらに当院の特徴は地域密着型の外来診療や訪問医の同行もしているため、在宅全般に関してより深い理解を得られる点がメリットかなと思いますよ。

現在みなしの訪問看護師さん募集しています!未経験でも在宅医療、在宅緩和ケアに関することを学んでいけますので興味ある方は是非ご連絡くださいね~!!

 

2020年の当院の診療実績→こちらをどうぞ!

2020年5月から北区、手稲区でも訪問診療開始しています→興味ある方はこちらこちらをどうぞ!

おすすめ過去ブログのまとめをみたい方→こちらをどうぞ!

現在当院の勤務に興味のある医師募集中→こちらこちらをどうぞ!

開業に興味のある医師も募集→こちらこちらをどうぞ!

非常勤医も募集しています→こちらをどうぞ!

当院の診療所、もしくは法人内の訪問看護ステーションで働きたい看護師さんも随時募集しています→こちらをみてご連絡ください!

札幌で訪問看護ステーションを起業したい看護師さん→こちらをどうぞ!

医師の仕事に興味ある中学生、高校生の方、診療所見学しませんか?→こちらを確認してみてください!

 


【訪問看護師さん募集中】未経験でも訪問やってみたいと思う方、まずは連絡を!!

こんにちは、札幌のかかりつけ医&在宅医@今井です。

 

当院では現在複数名の訪問看護師さん募集中です。

当院の訪問看護は①診療所に所属し外来看護や診療同行をしつつさらに訪問看護も行うみなしの訪問看護と、②訪問看護ステーションに所属し訪問看護のみに専念する、という2パターンのうちどちらかで勤務することが可能です。

①であれば診療所所属なので訪問看護のみならず地域に根差した外来看護とはどういうものか、また外来看護からの地域の多職種との連携も経験できますし外来での緩和ケアなども経験することも可能です。また医師の診療に同行することもあるので医師の考え方や行動についてつぶさに見ることができるので、そのような経験は普通の訪問看護師さんではなかなかすることができないので貴重な経験ですね。

みなしの訪問看護は緩和ケア専門で活動しておりALSやがん終末期の患者さんの訪問看護が主で活動しています。未経験者も多く当院に入職してから訪問看護を始めている看護師さんがほとんどです。

②の訪問看護ステーション専属であれば、より多様な疾患を訪問看護師として経験できます。医師の診療同行や外来看護がない分、朝から夕までどっぷり自分が実践者として訪問看護に従事できます。経験する疾患は認知症~脳梗塞後遺症、緩和ケアまで多様です。看取りも当然多いです。7割くらいの患者さんはクリニックの医師と一緒に看ていますが、3割くらいは他院からの依頼も受けて看護しています。経験豊富なリハセラピストも在籍しているのでリハについての相談なども職場内で可能です。

 

他にもケアマネやMSW、隣の薬局には訪問薬剤師もいるので在宅で会う多職種がほぼほぼ全て身近にいます。これだけ多様性に富んだ職種、看取りもそうですがアクティブに活動できる訪問看護はなかなか札幌でも他にはないのかなと自負しています。来年にはホスピス併設住宅も建設する予定なのでそこでの勤務も可能です。

 

給与に関しては経験や資格などによりますが、他の訪問看護よりは決して低くないとは思います。(営利目的で訪問看護運用している事業所にはかないませんが・・)

興味ある方まずは一度診療所やステーション見学にきませんか?当院に入職した看護師さんはまずは見学してもらって、それで自分で納得してから入職してもらっている方がほとんどです。(なので離職率は低いです)

 

まずはご連絡を!!お待ちしています~

 

2020年上半期の当院の診療実績→こちらをどうぞ!

2020年5月から北区、手稲区でも訪問診療開始しています→興味ある方はこちらこちらをどうぞ!

おすすめ過去ブログのまとめをみたい方→こちらをどうぞ!

現在当院の勤務に興味のある医師募集中→こちらこちらをどうぞ!

開業に興味のある医師も募集→こちらこちらをどうぞ!

当院の診療所、もしくは法人内の訪問看護ステーションで働きたい看護師さんも随時募集しています→こちらをみてご連絡ください!

札幌で訪問看護ステーションを起業したい看護師さん→こちらをどうぞ!

医師の仕事に興味ある中学生、高校生の方、診療所見学しませんか?→こちらを確認してみてください!

 


訪問看護師さんに感謝!

こんにちは、札幌のかかりつけ医&在宅医@今井です。

 

この数か月、毎月10人程度の患者を自宅でお看取りしており、今月も16日現在で既に9名の方を自宅でお看取りしています。当然それだけ多くの方のケアをしていくのに訪問医のみで回る訳ではなく、その他大勢の多職種さんに助けられながら診療しています。

訪問介護士、看護師、ケアマネさん、リハセラピスト・・・でもその中でも特に訪問看護師さんには頭があがりませんね。

医師の診察は終末期の患者さんでも大体多くても週2~3程度、あとは本人、家族のACPや療養場所の選択、受けたい医療についての希望などもほとんどの点は訪問看護師さんがきちんと聞き取り&ケアしてくれてサポートしてくれています。なので医師の訪問回数が少なくても患者さん家族とやりとりするのに全く困ることはありません。

先日も看取りとなった患者さん宅に当院看護師さんと一緒に行きましたが、家族とともに看護師さんも涙涙・・・・「あぁ、本当に家族のつらさを理解しながらケアしてくれていたんだな」と改めて看護師さんに心の中で感謝しましたよ。

唯一気になるのは看護師もそうですが在宅医療者のバーンアウト・・・これだけ多忙になってくると一人一人のメンタルサポートやスタッフのグリーフケアもきちんとしていかないと業務を続けられなくなっていきますね。

 

訪問看護の皆さん、年末年始にむけこれからが本番です。体に気をつけて、メンタルヘルスにも気を使って、限りある今年の時間を精一杯楽しんでいきましょうね~!

 

 

2020年上半期の当院の診療実績→こちらをどうぞ!

2020年5月から北区、手稲区でも訪問診療開始しています→興味ある方はこちらこちらをどうぞ!

おすすめ過去ブログのまとめをみたい方→こちらをどうぞ!

現在当院の勤務に興味のある医師募集中→こちらこちらをどうぞ!

開業に興味のある医師も募集→こちらこちらをどうぞ!

当院の診療所、もしくは法人内の訪問看護ステーションで働きたい看護師さんも随時募集しています→こちらをみてご連絡ください!

札幌で訪問看護ステーションを起業したい看護師さん→こちらをどうぞ!

医師の仕事に興味ある中学生、高校生の方、診療所見学しませんか?→こちらを確認してみてください!

 

 

 


みなしの訪問看護を診療所、病院で開始する時には気をつけて欲しいこと

こんにちは、札幌の在宅医@今井です。

 

たまに当院にHP経由でみなしの訪問看護についての問い合わせが医療事務さんや看護師さんから来ます。

「医師の指示があるから開始しているけど本当にこれでいいの?」

「医療保険と介護保険ってどう使い分けるの?」

「算定についてはどうしたらいいの?」

「物品管理だけれども・・・・」

「始める時の注意点は?」

などなど・・・・本当に色んな分野の質問が診療所、病院さんからそれぞれ来ています。

みなしの訪問看護に取り組む医療機関が増えることは個人的にはいい時代だなと思っているので答えられる限りでは質問に答えるようにしているのですが、色々答えているうちに質問してくる医療機関に共通していることを見つけましたよ。

それは

「事前に準備することなくみきり発射で開始している医療機関が多い」ことです。

 

この場合の事前準備とは、在宅医療の見学の有無であったり、経験者からのアドバイス、医療保険と介護保険についての知識、制度への理解などから、院内の医療事務との連携、主治医との方向性の確認、対象患者の選別、運用規定の準備など院内準備まで幅広くあるはずです。

が、当院に質問にくる医療機関では、とりあえずはじめよう、あとはどうにかなる!っていう風に考えている(もしくは考えて始めたけれど困っている)事業所が多いように感じます。

 

途中から「やっぱり当院の訪問看護は入れません」とか「やっぱり介護保険使うんですよね」とか「やはり辞めることになりました」、「自己負担が変わるんですよね」とかっていう風になると一番困るのは患者さんですよね・・・・・これだけは絶対やめてほしいです。

みなしの訪問看護に取り組むことを医療機関が考えているなら診療所なら3か月、病院なら3~6ヶ月程度は院内外の調整や勉強のためにも準備期間は必要だと思います。きちんと準備してから取り掛かってくださいね。質問あればできるだけ答えますので困った方いたらご連絡ください。

 

 

当院の2019年上半期の診療実績を知りたい方→こちらをどうぞ!

おすすめ過去ブログのまとめをみたい方→こちらをどうぞ!

現在当院の勤務に興味のある医師募集中→こちらをどうぞ!

開業に興味のある医師も募集→こちらこちらをどうぞ!

当院の診療所、もしくは法人内の訪問看護ステーションで働きたい看護師さんも随時募集しています→こちらをみてご連絡ください!


診療所からのみなしの訪問看護はステーションとはまた違ったメリットを実感しています。

こんにちは、札幌のかかりつけ医@今井です。

診療所からのみなしの訪問看護ですが、ステーションの訪問看護とはまた違ったメリットがありますね。

具体的には

①小回りが利く(指示の出し方が簡単)

②書類記載が少なくて済む

③患者さんの自己負担が少ないので患者さんとしてはありがたい

④診療と同じ医療機関であるので請求や高額療養費などの計算も簡単

などでしょうか。

ただデメリットも少ないですがない訳ではないんですよ。

①訪問単価が安い→患者さんとしてはいいけれど診療所としては・・・・

②みなしの訪問看護単独業務だけではなく外来や診療同行の看護もしてもらっているため看護師さんの業務負担が高い

③経験者がいないと運営が厳しい

とかですかね。

 

癌の患者さんで病状が変化しやすい方、金銭的に困っている方にはみなしの訪問看護の利用、是非検討してもらいたいと思っています。

過去にはこんなブログも書いていましたね

関連

・外来からのみなしの訪問看護を行ってみて、改めて実感したこと

・診療所、病院からの訪問看護のメリット、うまく運用するコツ、知っておきたい事など

・クリニックからの訪問看護とステーションからの訪問看護の違い

 

皆さんの周りの診療所や病院は訪問看護されていますか?

ステーションの訪問看護もいい点たくさんありますが、みなしの訪問看護もまた違ったよさがあります。利用したい方はされている診療所や病院に問い合わせしてみてくださいね。

 

 

 

当院の2018年上半期の診療実績を知りたい方→こちらをどうぞ!

現在当院の勤務に興味のある医師募集中→こちらをどうぞ!

開業に興味のある医師も募集→こちらをどうぞ!

外来や訪問看護、地域で活動したい看護師さんも→こちらをどうぞ!

「在宅療養支援診療所の開業、経営、運営の教科書」書いてます→こちらをどうぞ!

 

 


在宅でできる限りの緩和ケアを受けたいと考えるなら早期から訪問看護師を利用すべき

こんにちは、札幌の在宅緩和ケア医@今井です。

在宅緩和ケアの目的のために当院に相談にくる患者さんやご家族がいらっしゃいますが、中にはまだ歩けて特に問題も感じていないため「診療はしてほしいけれど看護師さんに来てもらうのはまだ早いです」っておっしゃる方、結構おられます。

ただそんな時に自分からは「元気なうちから訪問看護師さんにみてもらうのは大事なことですよ」って言ってできる限り訪問看護を頻度少なくとも(月2回~)利用するように説明することが多いです。

なぜ在宅でできる限りの緩和ケアを受けたいと考えるなら早期から訪問看護師を利用すべきなのでしょうか?以下にその理由を書いてみたいと思います。

1元気な状態をできるだけ長く保つため

これは言わなくてもわかるかと思いますが意外に認識していない方多いです。病状を保つためのアドバイスって結構色々あるんですよ?

薬の服用方法、リハビリの仕方、栄養の取り方と工夫の仕方、熱発時の対応等々・・・医師がいなくてもここらへんは訪問看護師さんが色々知恵をだしてくれます。

元気な状態をできるだけ長く保ちやりたいことをする、週1回程度の訪問看護で実現するなら悪くないんじゃないでしょうかね?

2訪問看護師も体調悪化してから開始するより、元々見知った患者さんの方が病状変化しても対応しやすいため

これは医療者側の都合ですが訪問看護師さんも信頼関係のできている方への対応と、初回で信頼関係を構築しながら病状に対応していかなければいけない方への対応は全然違います。

見知っている患者さんならその人の普段の体調がどうなのか、どう考えてどうしたいのかをよく理解していますが、そうでなければ病状変化への対応も遅くなりがちです。

体調変化した時に入院せずにできるだけ自宅で過ごしたいなら訪問看護師さんを早期から利用していきましょう。

3体調変化時に診療のみでは対応できないため

これもそうですね。在宅緩和受けている人の体調変化って夜間や土日に多いような気がします。!(^^)!当然診療でまずは対応しますが、がくっとADLが落ちた場合は色々準備しなければいけないこと、対応しなければいけないことが多々あります。

それを診療のみで対応できのか?正直難しいです。

さらに体調変化時には病気の患者さんや家族って不安感が強くなるものです。そんな時に見知った、何でも話しあえる看護師さんがいてくれたら力強いですよね。

体調変化時に安心して過ごしたいなら早期から訪問看護、絶対導入しておいた方がいいと思います。

4よくできる訪問看護師さんは医師とは違う視点でアドバイスをしてくれるため

当然ですが看護師さんの視点は医師とは全く異なります。

医師=医療の視点、ですが(もちろんこの部分は個々のDrが違いますが)

看護師=医療と生活の両方の視点、をもっていることが多いです。

医療上の相談は医師とたくさんしてもらい、その他の生活のこと、何気ないことは看護師さんにつぶやいてみると思いもかけないアドバイスもらえることきっとあると思いますよ。

5金額もそんなに高くないため

医療保険での訪問看護であればかりに月2回であれば1割負担で1500円程度、3割でも5000円いかないくらいです。保険として考えても決して高くないと思います。さらに診療所からの訪問看護(当院はしていますが)であればもっと安いです。(月2で1100円くらいかな)

さらにもし診察の方で高額療養費の対象となるようであれば訪問看護の金額も対象となるため多く入れた方が得になる、っていうこともあります。(ここらへんは制度に詳しい在宅医やMSWに聞いてみてください)

実質自己負担0で利用できるかもしれませんし、最低月2回でも金額的にはそんなに高くないと思いますよ。

 

 

と早期から訪問看護を利用することについて少し書きましたが、どうしてかというと訪問看護の利用がなくて入院せざるをえなくなった方がちらほら最近いらしたので・・・・・現在訪問看護利用するか迷っている方いましたら在宅医や診療所の医師の言葉を信じて一度利用してみてはいかがでしょうか?ご検討してみてくださいね。

 

当院の2018年上半期の診療実績を知りたい方→こちらをどうぞ!

現在当院の勤務に興味のある医師募集中→こちらをどうぞ!

開業に興味のある医師も募集→こちらをどうぞ!

外来や訪問看護、地域で活動したい看護師さんも→こちらをどうぞ!

「在宅療養支援診療所の開業、経営、運営の教科書」書いてます→こちらをどうぞ!

 

 

 


診療所、病院からの訪問看護のメリット、うまく運用するコツ、知っておきたい事など

こんにちは、診療所からの訪問看護を再開した札幌の在宅医@今井です。

さて現在の訪問看護は訪問看護ステーションからの訪問が9割近くを占めているのではないかと思います。医療者によっては診療所や病院からのみなしの訪問看護(ちなみに”みなし”とは病院や診療所は訪問看護の事業者として指定を受けているとみなされるためそう呼ばれます)はあまり知られていないので自分の理解する範囲でそのメリットや運用するコツ、知っておきたいことなどを書いてみたいと思います。

 

みなし訪問看護のメリット

①医療保険の場合は契約なくすぐに導入可能

②カルテに記載するだけなので指示が楽

③看護師も報告書が不要であるため楽

④医師と看護の連携がとりやすい

⑤患者さんにとっても自己負担が低い(ステーションの2/3くらいの金額)

⑥外来からの導入であれば顔なじみの患者さんを顔なじみの看護師さんがみていくため双方にとってどんな人かわかっているため関係をつくるのが楽

⑦在がんとりやすいのはみなしです

 

うまく運用するコツ

①医師と看護師が在宅医療について知っており経験がある程度ないとダメ、その場合はしない方がいいかも

②外来がめちゃくちゃ忙しかったら厳しいかも・・・その場合は看護師さん増やしてから始めましょう

③経験ない人がするなら最初は急性増悪などの医療保険の患者さんの点滴や保清などの対応から入るのが望ましい、かな・・(異論は認めます)

④まずは経験重視でどんどん指示を出す、看護師が外にでる体制をつくっていくことが重要

⑤お金の受け取りはどうするかは看護はできればタッチせず事務さんに任せれたら一番いい

⑥必ず良くなったら外来でフィードバックを患者さんや家族から受ける事

知っておきたい事

①指示をだした医師がどこまでの医療行為や看護行為を許容する医師なのかは看護師さんは絶対知っておく必要がありますよ

②訪問診療後の同日の訪問看護は保険算定不可とか診療報酬のこと

③訪問看護に関する費用は説明できるようになって欲しいかな

④特別訪問指示の訪問看護の制度について

⑤介護保険も一応外来からできるがその時の医療保険との報告書や請求の仕方の違い(これは難易度少し高めです)

⑥ステーションからの訪問看護とどう違うかはさくっとでもいいので知っておきたいところです

 

 

などなどどうでしょうかね。このブログの過去にも少しだけ触れたことあるような気がしますが・・・・興味あるかた検索してみても面白いかも・・

何かご意見ある方連絡ください、あとみなしの訪問看護の運用や制度に質問ある方も随時受け付けますので遠慮なく~

このエントリーをはてなブックマークに追加


ケアマネの国家資格化

往診対応はこれからの季節には増えそうですね・・・・・

 

こんにちは、先日飛び込みで往診の依頼がきた高齢者夫婦の世帯ですが、医療的には自分達がぱぱっと対応致しました。が、それよりも重要なのが生活支援をどうしていくのか・・・・・・外来からのみなしの訪問看護で点滴加療する傍ら生活支援のベース作りを行い、それと並行してすぐにケアマネ探しを開始しました。

こんな急な時に依頼するケアマネさんの条件ですが個人的には以下が大事かなと思っています。

①医療的なことにも理解がある

②ヘルパーさんの情報が豊富にある

③何よりもすぐに動く行動力がある

ってところでしょうか。

・・・ということでこの患者さんに関しては最近当院を退職してケアマネとして仕事開始した元SWの近江さんにお願いすることにしました。こっちの動きもよく理解しているしすぐに行動できる人ですからね・・・

さて患者さんの生活支援に関しては在宅医も色々アドバイスできることはありますが、実際にケアプランをつくり他職種を動かしていくのはケアマネさんです。本当にこれからの地域包括ケアの時代の10年はケアマネさんがまさに患者さんの生死を分かつ存在になるはず。間違いないですよね・・・・ちなみにそんなケアマネさんの資格ですが国家資格ではないのは皆さんご存知でしたか?

これまでも何度も言ってきていますがケアマネさんの職務内容、それを支える職業倫理と行動師範などは高度なものが要求されるのは明らかです。特定の事業者のためのケアマネさんではなく、あくまで患者さんのためのケアマネってどうあるべきかと都度都度思わされることがあります・・・・

きちんとした実のある介護保険制度を考えるならケアマネさんの資格をどうするのか、またその質の担保をどう考えるのかってすごい重要な内容だとは思いますが・・・・・皆さんはどう考えますか?

 

その関連の記事です。ぜひご一読ください。

ケアマネジメント・オンラインより

ケアマネの職域拡大こそが報酬引き上げの近道―日本介護支援専門員協会・柴口会長

2018年度の診療報酬・介護報酬の同時改定は、ケアマネジャーの業務や居宅介護支援事業所の運営にも大きなインパクトをもたらす可能性が高い。日本介護支援専門員協会の柴口里則会長は、この改定について「障がい福祉等サービスの報酬まで含めた“トリプル改定”だ」と指摘。ケアマネの領域を守り、そして拡大することが、報酬引き上げの近道だと力を込める。柴口会長に話を聞いた。

―柴口会長は、この6月に日本介護支援専門員協会の会長に就任されました。まず、会長として、常に心掛けられていることを教えていただけますか。

会長としては「どんなテーマであれ、一人ひとりの会員が自分で考え、行動できる協会にする」ということですね。つまりは全員参加型の組織づくりです。副会長に40歳代の人材を指名したのも、そのための取り組みの一つです。

―診療報酬と介護報酬、そして障がい福祉等サービスの報酬も含めたトリプル改定が半年後に迫っています。この画期に向け、会長として強く意識されている点をお聞かせください。


(職域の拡大こそが報酬アップの近道と語る柴口会長)

とにもかくにも、ケアマネジャーの職域を守ること。言い換えるなら「これは、ケアマネジャーの仕事です」という職域を確立・確保することですね。もう一つは、どの場面でも多職種協働を強く意識することです。

■医療、障がい…様々な資源と制度の組み合わせが要求される

―そういう観点でいうと、今回の介護報酬改定で導入される、障がい福祉のサービスと介護保険サービスを行き来する「共生型サービス」は、協会にとっても注目ということになりますね。

その通りです。このサービスについては、十分に注目し、協会としても意見を発信していきます。

また、制度改正全体の方向としては、社会保障制度が全世代型となる方向性が示されていますから、ケアマネジメントにおいても、より多様なニーズに対応することが求められるでしょう。それだけに、ケアマネジャーには、介護と医療、あるいは介護と障がい福祉に限らず、さまざまな社会資源と制度を組み合わせることができるスキルが求められるようになるでしょう。

―会長の考え方を実現すると、ケアマネジャーの担当する職域は広がり、責任も重くなるのではないでしょうか。

当然、そうなるでしょう。ケアマネジャーの報酬を少しでも増やすためにも、ケアマネジャーの職域の拡大は不可欠です。誰もが知っていることですが、日本の財政は苦境に立たされています。そんな中で、報酬を引き上げるには、やはり職域を広げていくしかない。「仕事をし、責任も負っているのだから、報酬も上げて当然」と、国と社会に納得してもらうしかないのです。

■業界団体との署名活動に参加しなかった理由

―報酬アップを目指すという意味では、介護の事業者団体が中心となって、18年度の介護報酬改定をプラス改定とするための署名活動に乗り出しています。貴協会は、この動きに連動されていませんが…

もちろん、わたしたちもプラス改定となることを望んでいます。ただ、ケアマネジャーは、利用者のために、公正中立な立場からケアマネジメントを行う職種です。その点が、事業者団体とは少し違う。プラス改定を目指す署名活動そのものが悪いこととは決して思いませんが、ケアマネジャーという職種の理念と立場を思うと、残念ながら共に活動に取り組むのは難しいと判断しました。

■今後も懸念されるケアマネの職域縮小

―それにしても会長は、ケアマネジャーの職域を守り、そして拡大することを、常に強く意識されているように思えます。その理由をお教えいただけますか。

ケアマネジャーの業務範囲が縮小した2006年の介護保険制度改正の衝撃が忘れられないからだと思います。この時は、介護予防の導入にあわせて、軽度の人へのケアマネジメントの範囲がぐっと縮みました。そして、こうした動きは、今後も起こらないとは限りません。

―なぜ、そのように思われるのでしょうか。

介護保険の対象範囲を要介護3以上の中重度者に限定しようという声が、業界内外で根強くささやかれているからです。18年度の介護報酬改定では、こうした意見が反映されることはありませんが、中長期的にはわかりません。そして、もし、この意見が現実のものとなれば、下手をすると「保険サービスはないのだから、ケアマネジメントも必要ない」ということになり、要介護1や要介護2の人もケアマネジャーの職掌から外れるということになりかねません。

―中重度者という言葉の定義自体あいまいなので、会長が指摘する懸念は急に現実のものになるとは思えませんが…

確かに、中重度=要介護3以上というのは、あくまで業界の慣習であり、法律で定義されているわけではありません。ただし、近い将来、そうしたことが法に明記され、その結果としてケアマネジャーの職掌が今よりぐっと狭くなる危険がないとはいえない。だから、わたしとしては、そうしたことが起こらないよう、今から対策を練るべきだと思っています。

■ケアマネジメントの効果、数字で示したい

―具体的にはどのような対策が有効と思われますか。

要介護1や要介護2などの人に対するケアマネジメントが利用者の自立支援に大いに役立っているということをデータで示していくことが有効でしょう。いくら声を大にして「要介護1や要介護2の人へのケアマネジメントをなくしてしまえば、重度化も防げないし、介護者の支援もできない!」と訴えたところで、エビデンスがなければ、聞き流されるだけです。要介護1や要介護2の人へのケアマネジメントが十分な効果を上げているということを、数字をもって示さなければならない。私としては、そのための準備を早めに進めたいと思っています。

―最後に、協会が目指すべき中長期的な目標についてお教えください。

何といってもケアマネジャーの国家資格化でしょう。そして「介護支援専門員の資格を取れば、サービスに関係なく、すべてのケアマネジメントを手掛けられる」という職種にしたいですね。

 

 

 

 

社会福祉士さんの資格などとの整合性はもちろん必要ですが、ケアマネ資格の国家資格化、条件などはよくよく考えないといけませんが本格的にきちんと考える時代はもう待ったなしだと思うのは自分だけでしょうか?



このエントリーをはてなブックマークに追加


再掲:クリニックからの訪問看護とステーションからの訪問看護の違い

今日も朝から診療です・・・・・・

 

こんにちは、HPが変更してから過去のブログが全くネット上で検索されなくなってしまいました。ということで比較的よく読まれていた記事をちょびっとだけブラッシュアップして順次掲載していきたいと思います。

 

クリニックからの訪問看護とステーションからの訪問看護の違い

あまり知られていないかもしれませんが一般的に外来をしているクリニックからでも在宅療養中の患者さんに看護師さんを訪問させることができます。いわゆる”みなしの訪問看護”という制度です。一方最近では訪問看護といえば訪問看護ステーションからのものが一般的になっていますが両者にどのような違いがあるか皆さんは知っていますか?大体自分が理解するところ以下の点となっていますので、もし知らなかったら参考にしてください。

①診療報酬:介護保険でも医療保険でもクリニックからの訪問看護の方が圧倒的に安いです。これは訪問看護療養費の有無が一番の原因ですが、介護保険に関しては単純に訪問看護ステーションからの看護の方が1.3倍くらい単価が高くなっています。この傾向は診療報酬の改定で徐々に埋まっていくとは思いますが全く同一にはならないでしょう。同じ訪問看護でも一物二価なのはなぜでしょうか・・・国が訪問看護ステーションを優遇しているのは理解できますが・・・・

②指示のだしかた:ステーションは皆さん知っている通り医師が訪問看護指示書を作成して発行、それに基づいて訪問看護をすることとなります。一方クリニックに関しては医療保険、介護保険ともにカルテへの記載だけで問題ないため、クリニックからの訪問看護への指示の方が圧倒的に簡素となっています。指示書料も発生しませんし安価です。

③点滴などの物品の用意:点滴などをするときにステーションはこれまでは物品管理ができないため全て診療医が持参しなければいけません。一方クリニックの場合はすぐに看護師がもちだせるため医師の負担はかなり少ない状態です。今後訪問看護ステーションが物品管理できるようになればだいぶここは改善できるようになるでしょう。

④書類作成:介護保険の訪問看護に関してはケアマネへの報告書の作成が必要なのは両者とも同じです。一方医療保険の訪問看護に関しては、クリニックのみなしの訪問看護の場合は看護師は医師に報告するのみでOKです。これが訪問看護ステーションであれば報告書などの書類作成が必要になります。

⑤自費設定:訪問看護ステーションの場合は土日祝日夜間などは場合により保険請求+3000~5000円程度の自費徴収を設定しているところがありますが、クリニックからの訪問看護の場合は保険診療のみですので差額の徴収は認められません

以上でしょうか。他に聞きたいことある方は今井までご連絡頂ければアドバイス致します。在宅医療全般に興味のある方は他の記事も是非ご連絡ください。



このエントリーをはてなブックマークに追加


クリニックからのみなしでの訪問看護も再開しています

本日2回目の更新です・・・

 

こんにちは、外来開始もそうですが今週からクリニックからのみなしでの訪問看護も再開しています。訪問看護ステーションがきちんと契約して定期訪問看護をスタートさせるのに対し、外来からのみなしの訪問看護は一時的に体調不良となって通うのが難しい患者さんが対象です。いわゆる”医療保険での急性増悪時の特別訪問看護指示”ってものを利用しています。全ての患者さんが対象になるわけではなく、基本的には動くのが(通院するのが)難しい患者さんで短期間のみの介入でよさそうな人が当院の外来からの訪問看護の対象者です。というのも従来の訪問看護ステーションからの訪問看護では、おそらく全国的にもそうだとは思いますが、基本的には定期的に利用するのが前提の患者さんのみを対象としています。

自分の往診もそうですが冬季などは急性増悪時のみ必要だ!!っていう患者さん、絶対いると思うんですよね。そんな患者さんですがこれまでは短期間の介入が訪問看護でできない場合入院するしかなかったと思うんです。外来からの訪問看護が短期間でも対応してあげるよ、ってなれば在宅での治療や療養を継続できて不要な入院を減らせると思うんです。

土日祝日の外来診療に加えてさらにクリニックからのみなしの訪問看護を利用する人が増えて、患者さんがあんまり入院しなくてもすむようになればいいですね・・・

 

 

という訳で短いですが今回はこんな感じで終了です。よければ昔に書いたこの記事も参考にしてください。

クリニックからの訪問看護とステーションからの訪問看護の違い www.imai-hcc.com/archives/3031

 

 


このエントリーをはてなブックマークに追加