医療のデジタル化を阻止するレセプト病名・・・いい加減やめませんか?

こんにちは、札幌のかかりつけ医&在宅医@今井です。

 

現在国はマイナンバーカードの整備や電子カルテの標準化をすすめようと躍起になっていますが、個人的にはマイナやシステム整備が進んでも結局はカルテの表紙に”レセプト病名”が並んでいる状況では本当の意味での情報共有は難しいと思っています。

認知症のせん妄症状に対し抗精神薬を投与するために”統合失調症”、胃薬だすために”慢性胃炎””難治性逆流性食道炎”、心電図とるために”狭心症疑い、”採血でA1cやTSHなどとるために”糖尿病疑い””甲状腺機能低下症疑い”などなど・・・・

これは紙カルテですがカルテの表紙はレセプト病名並びます↓

情報共有のためのカルテですが、結局は書いてあるのは保険を通すための病名ばかり、こんなので本当に情報共有なんてできるんでしょうか?

 

このままでは電子カルテなどが標準化されても予想できる状況は

①Aさんが急変→救急要請し搬送

②病院についてB医師が電子化された共通情報をみながら「アルツハイマー型認知症、統合失調症、糖尿病、心不全疑い、って書いてますがどんな通院歴ですか?」と家族に聞く

③家族からは「いままでそんなことは言われたことはありません!!いつも通っているかかりつけ医の先生は診察の時そんなこと一言も言わなかったのに・・・・そんな風に考えていたんですね!」

 

どうです?ありそうじゃないですか?

 

せっかくシステムつくっても<仏作って魂入れず>の状態であれば意味ないですよね?長年言われていますが、レセプト病名への対応を早々に対応お願いしたいと思うのは自分だけでしょうか?

 

サービス付き高齢者住宅<HARELU宮の森>では入居さん募集してます。

当院が運営するサービス付き高齢者住宅<HARELU宮の森>に入居希望の方、ご家族の方→こちらをどうぞ!

現在の求人に関して

入職祝い金制度導入しました。是非直接応募ください→こちらをどうぞ!

Uターン、Iターンの方お待ちしています→こちらをどうぞ!

人事部立ち上げました!!一緒にやってくれる方まだまだ募集しています!→こちらをどうぞ!

法人運営をしてみたい事務の方募集しています→こちらをどうぞ!

クリニックの事務長やってみたい方募集中→こちらをどうぞ!

医師の診療同行をしてくれる診療アシスタント募集しています→こちらをどうぞ!

札幌で在宅医療、在宅緩和ケアなどの訪問看護、地域密着型の外来看護をしたい看護師さん募集しています。診療所、訪問看護ステーション、看護小規模多機能など全事業所で募集中!→こちらをどうぞ!

HARELU宮の森で勤務を希望する看護師さん、介護士さんの募集を開始しました→こちらをどうぞ!

当院について

2022年、それ以前の当院の診療実績→こちらをどうぞ!

現在の目標は2024年に病院を開設すること!一緒に病院つくりませんか?→こちらをどうぞ!

南区の分院、さっぽろみなみホームケアクリニックについて

さっぽろみなみホームケアクリニックでは常勤医、非常勤医を募集しています→こちらをどうぞ!