ご確認ください:夜間、土日にクリニック問い合わせにメールをいれても、発熱外来の予約にはなりません。直接来院されても診療はお断りしています。

こんにちは、札幌のかかりつけ医&在宅医@今井です。

 

当院の発熱外来は電話の上外来診療枠を確保して頂き、その後に指定の時間に来院して頂いています。夜間土日に問い合わせフォームに連絡を頂いてもそれで予約はできている訳ではありません。なので夜間や深夜帯にクリニックにメール→翌日直接来院されても診療はお断りさせて頂きます。

土日祝日夜間のメール問い合わせを土日にこなすのはかなりの業務負担になります。なので全て平日に対応しています。

また発熱外来の時間は通常診療とは別に設定しています。通常診療の時間帯に来院されても、当院のかかりつけ患者さんは高齢者が主体で感染すると容易に状態悪化する方が多いため、同じスペース、動線の中では絶対診療することはできません。

 

本日以下のようなメールを頂きました。(原文ママ)

「昨日メールさせて頂きました。
本日8時30分から貴院前で予約の電話をしましたが全く繋がらず、チャイムを鳴らして看護師さんに出て頂きましたが予約の電話をしての一点張りでした。
100回以上かけましたが、無理でした。
どんどん具合悪くなってきたので帰宅しました。
熱がでて苦しい中行き、整理券などもなく、診察すら受けれないなら、最初から札幌市の相談窓口に診察している病院として報告しないでいただきたいです。」

確かに電話が繋がらないのは事実ですので申し訳ございません。ただ直接来院されても上記理由から絶対診療は難しいですし、相談窓口にならないで!と言われても・・・それは1クリニックの範疇を超えている問題かなと思いますよ。

自分達は自分達のできる範囲で最大限の診療を行っているつもりです。他のクリニックがお盆で休んでも、当院は土日祝日もスタッフをローテーションで休まず医師、看護師、事務員、放射線技師など総出で診療しています。ご自身の身体がつらいことはよく理解できますし、診療お断りすることは大変心苦しいですが、何卒診療体制や当院の方針についてご理解して頂ければと思います。

 

他人に批判されるとモチベーションが少し下がりますが、外的な要因で自分達は活動、診療している訳ではありません。当院はこれまでと変わらないスタンスで地域のかかりつけ医として診療していきたいと思います!!皆さんご協力よろしくお願いします。

 

入職祝い金制度導入しました。是非直接応募ください→こちらをどうぞ!

2022年上半期、それ以前の当院の診療実績→こちらをどうぞ!

現在の目標は2024年に病院を開設すること!一緒に病院つくりませんか?→こちらをどうぞ!

人事部立ち上げました!!一緒にやってくれる方まだまだ募集しています!→こちらをどうぞ!

法人運営をしてみたい事務の方募集しています→こちらをどうぞ!

クリニックの事務長やってみたい方募集中→こちらをどうぞ!

札幌で在宅医療、在宅緩和ケアなどの訪問看護、地域密着型の外来看護をしたい看護師さん募集しています。診療所、訪問看護ステーション、看護小規模多機能など全事業所で募集中!→こちらをどうぞ!

さっぽろみなみホームケアクリニックでも訪問看護ステーション始めました。南区で訪問看護したい看護師さん募集中→こちらをどうぞ!

当院及びさっぽろみなみホームケアクリニックでは常勤医、非常勤医を募集しています→こちらをどうぞ!