日医のかかりつけ医制度の主張には10年先の未来がみえない、そう感じます。

こんにちは、札幌のかかりつけ医&在宅医@今井です。

 

2022年の診療報酬改定が終わってすぐですが、2024年を見据えた議論が早くも開始されています。現在一番の俎上に上がっているのはかかりつけ医制度についてではないでしょうか?

さてそんなかかりつけ医の制度について、日本医師会の見解が公開されています。少し長いですが以下に全文引用させて頂きます。

日医on-lineより

日本医師会「国民の信頼に応えるかかりつけ医として」について

中川俊男会長は4月27日の定例記者会見で、日本医師会が、かかりつけ医を取り巻く社会の変化を踏まえ、改めて国民に寄り添うかかりつけ医のあり方を真摯に見つめ直して取りまとめた「国民の信頼に応えるかかりつけ医として」を紹介し、その内容を概説した。

中川会長は、本文書を4月22日に岸田文雄内閣総理大臣と面談した際に手渡し説明するとともに、都道府県医師会、郡市区医師会、会員には手紙を添えて送付したことを報告。その手紙では、新型コロナウイルス感染症が流行する中、かかりつけ医機能の重要性が改めて認識されていることや、政府がかかりつけ医機能の明確化等の具体的方策について検討することに触れた上で、日本医師会としても、国民の更なる信頼に応えるよう、これまで以上にかかりつけ医機能を強化するため、改めて国民に寄り添うかかりつけ医のあり方を真摯に見つめ直したことが記されているとした。

今回の取りまとめでは、その冒頭に、日本医師会の思いとして、「かかりつけ医」は一人ひとりの患者さんとかかりつけ医の信頼関係が絶対的な基礎としてあり、これまで以上に患者さんと医師との関係を、より温かみのあるものにしていく姿勢を打ち出していることを説明。

医療のデジタル化を進めることに言及した他、地域社会におけるかかりつけ医機能として、既に地域医師会を中心に実践している諸活動を明示したとし、「より多くの医師に、それぞれの特性を生かしてこうした活動に参加してもらえるように努めていきたい」と述べた。

更に、地域住民の方にかかりつけ医をもってもらうための情報についても、しっかり発信していくとし、「今回の取りまとめは、かかりつけ医機能を果たしていく医師の覚悟を示したものである」と強調。文書の結びでは、「かかりつけ医」は患者さん自身が決めることができ、日本医師会は必要な時に適切な医療にアクセスできる現在の仕組みを守るとの姿勢を示し、かかりつけ医として、患者さんに更に信頼してもらえるよう努めていくことを謳っているとした。

その後の記者との質疑で、2013年の四病院団体協議会との合同提言との違いを問われた中川会長は、「合同提言の時は病床機能が大きなテーマだったが、今回はかかりつけ医の焦点を当てている」と回答。また、(1)かかりつけ医は患者が医師を表現する言葉である、(2)患者ごとにかかりつけ医は異なり、患者にふさわしい医師が誰かを数値化して測定することはできない、(3)患者が信頼できる医師がかかりつけ医である―ことを明示した点を挙げた。

また、財務省が求めているかかりつけ医の認定制や制度化についての質問には、「医療費抑制のために国民の受診の門戸を狭めるということであれば認めらない。かかりつけ医機能は地域でさまざまな形で発揮され、患者さんとかかりつけ医の信頼関係を絶対的な基礎として、日本の医療を守ってきた。そうした日本の財産を「制度化」で一刀両断に切り捨てることになってはならない」と応じた。

自分には日医が主張するかかりつけ医の概念は、10年先の未来には絶対通用しない概念だと思います。在宅医療やかかりつけ医としての外来診療を通してみた現在の社会状況、これから先の地域医療を考えるとかかりつけ医の制度化は絶対避けては通れない点だと個人的には確信しています。

 

●フリーアクセスの制限によるかかりつけ医機能の強化

●複数主治医体制による地域密着型の外来‐在宅医療のシームレスな提供

少なくともこの2点は少子高齢化が進み地域包括ケアを進めていく中で日本における地域医療の現場ではやらなければいけない、避けては通れない課題です。

 

日医の主張は現在の(経営者側の)医療者の代弁に過ぎず、将来を見通しての主張とは到底思えません。中川会長もこのような主張をするより、国の、医療の10年先、20年先を見据えて対応していくべきではないでしょうか?困難があるでしうが、それをすることが医師会のトップとしてのの仕事ではないでしょうか?皆さんはかかりつけ医の制度についてどのように考えますか??

 

現在の目標は2024年に病院を開設すること!一緒に病院つくりませんか?→こちらをどうぞ!

成長する医療法人で人事部立ち上げに協力してくれませんか?→こちらをどうぞ!

法人運営をしてみたい事務の方募集しています→こちらをどうぞ!

札幌で在宅医療、在宅緩和ケアなどの訪問看護、地域密着型の外来看護をしたい看護師さん募集しています。診療所、訪問看護ステーション、看護小規模多機能など全事業所で募集中!→こちらをどうぞ!

さっぽろみなみホームケアクリニックでも訪問看護ステーション始めました。南区で訪問看護したい看護師さん募集中→こちらをどうぞ!

当院及びさっぽろみなみホームケアクリニックでは常勤医、非常勤医を募集しています→こちらをどうぞ!

2021年11月からクリニックから徒歩五分の場所でホスピス併設住宅開始しました!!入居希望の方は→こちらのHPこちらをどうぞ!

2021年以前の過去の当院の診療実績→こちらをどうぞ!

おすすめ過去ブログのまとめをみたい方→こちらをどうぞ!