医療機関経営の実務は医者にはできない。けれどトップはやはり医師がやるべきだと思っています。

こんにちは、札幌のかかりつけ医&在宅医@今井です。

 

最近日大の建て替えにおける違法コンサル料問題など、医療機関の経営に関してやや喧しい状況が続いていますね。医療機関の経営はどうあるべきなのか、大きな組織であればあるほど目標を明確にしておかないと、今回のような不祥事は続くことになるでしょう・・・

 

医療機関経営に間して思うことは色々ありますが、自分がクリニックを始める時から経営について考えていたことは「医療機関経営の実務は医師がやらないほうがいい」ということくらいですかね。絶対事務長は必要だと・・・・クリニック開業する医師として珍しいかもしれません。

医師ってどうしても患者さん本位の考えが骨身に染み付いているので、クリニックのスタッフさんに関してもどうしてもシビアな判断ができないんですよね。稀にいるのかも知れませんが、少なくとも自分にはできないと思っていました。なので実務面では任せられる事務がいないと医療機関経営はうまくいかない、と・・・・

けれど、それでは医療機関経営に医師はいらないのか?と言われれば絶対必要だと答えると思います。実務はできなくても社会保障の未来を予想し、さらに制度ではなく実際の地域の未来まで考えて医療機関の将来を考えることができるのは自分は医師だけじゃないかなと思いますよ。

 

札幌市内で医師がトップではなく薬局や他業種が実質のトップになっている病院がありますが、やはり医療提供を最重視しているというよりは利益を出すためにどう病院を運営していくか、の目線の方が強いきがしてしまいます・・・・皆さんはどう考えますか?

 

2021年11月からクリニックから徒歩五分の場所でホスピス併設住宅開始します→こちらをどうぞ!

2021年上半期~過去の当院の診療実績→こちらをどうぞ!

おすすめ過去ブログのまとめをみたい方→こちらをどうぞ!

現在当院の勤務に興味のある医師募集中→こちらこちらをどうぞ!開業に興味のある医師も募集→こちらこちらをどうぞ!

当院の診療所、もしくは法人内の訪問看護ステーションで働きたい看護師さんも随時募集しています→こちらをみてご連絡ください!

さっぽろみなみホームケアクリニックでも訪問看護ステーション始めます。南区で訪問看護したい看護師さん募集中→こちらをどうぞ!