独居の患者さんの在宅緩和ケアに向き合うことが増えてきました。

こんにちは、札幌のかかりつけ医&在宅医@今井です。

 

最近特に独居の患者さんで自宅で最期まで過ごしたい!と希望する方が増えてきた印象があります。あくまで個人的な印象なので統計とかはとっていないですが、自分が診療している患者さんでも独居でがん終末期の方は常に2,3人はいるような気がします。

確かに現状の病院の体制では一度入院してしまうと外出や面会もないですし、過ごせるなら自宅で過ごしたいと思うのはよく理解できるですよね。

独居の方が快適に自宅で緩和ケアを受けながら過ごせるかどうかはほぼほぼ訪問看護師さんの力によるかなと思います。隔日や毎日、訪問看護師さんが訪問しながら医療と介護の両面を看ていけば、そのまま最後まで自宅で過ごせることがほとんとではないかと感じますよ。

 

緩和ケアって特別なものではないですし、独居での生活も特別なことではありません。在宅医療者はどんな状況でも支援は継続していきますので困っている方いましたら遠慮なく訪問看護師さんや在宅医に連絡してみてくださいね。

 

2021年11月からクリニックから徒歩五分の場所でホスピス併設住宅開始します→こちらをどうぞ!

2021年上半期~過去の当院の診療実績→こちらをどうぞ!

おすすめ過去ブログのまとめをみたい方→こちらをどうぞ!

現在当院の勤務に興味のある医師募集中→こちらこちらをどうぞ!開業に興味のある医師も募集→こちらこちらをどうぞ!

当院の診療所、もしくは法人内の訪問看護ステーションで働きたい看護師さんも随時募集しています→こちらをみてご連絡ください!

さっぽろみなみホームケアクリニックでも訪問看護ステーション始めます。南区で訪問看護したい看護師さん募集中→こちらをどうぞ!