ワクチン接種を他国の状況から考える~なぜドイツでは新型コロナワクチン接種普及に苦戦しているのか~

こんにちは、札幌のかかりつけ医&在宅医@今井です。

 

連日外来や在宅の場で「先生まだワクチン打てないですか?」「先生は打ちましたか?」って聞かれていますが、ないものはないのでもちろん打てていませんし、いつ打てるのかも不明です。

行政は何をやっているんだろう??と疑問に思うよりは、国の、行政の基礎体力が低下していることがこれだけ大きな問題を引き起こすのか、とその事実に驚きを感じていますが・・・・まぁ現場で何を言っても今できることはただ待つのみです。

他国の状況はどうなのか?と少し資料みてみましたが、ちょうど野村総合研究所から資料がでていました。興味ある方は是非一読してみてください。

なぜドイツでは新型コロナワクチン接種普及に苦戦しているのか

アストラゼネカワクチンへの不信感が根底にあることはもちろんですが、やはり硬直した(ある意味成熟した)医療システム、医療への考え方がワクチン接種普及の壁になっているのかなぁと感じた資料、文章でしたよ。

日本の状況を鑑みるとちょっと悲しくなりますが、他国の状況を知ることも現状を対比して考えるためには必須だと思います。皆さんも面白い資料あれば是非教えてくださいね。

 

 

2021年11月からクリニックから徒歩五分の場所でホスピス併設住宅開始します→こちらをどうぞ!

2020年の当院の診療実績→こちらをどうぞ!

2020年から北区、手稲区でも訪問診療開始しています→興味ある方はこちらこちらをどうぞ!

おすすめ過去ブログのまとめをみたい方→こちらをどうぞ!

現在当院の勤務に興味のある医師募集中→こちらこちらをどうぞ!

開業に興味のある医師も募集→こちらこちらをどうぞ!

当院の診療所、もしくは法人内の訪問看護ステーションで働きたい看護師さんも随時募集しています→こちらをみてご連絡ください!

札幌で訪問看護ステーションを起業したい看護師さん→こちらをどうぞ!

医師の仕事に興味ある中学生、高校生の方、診療所見学しませんか?→こちらを確認してみてください!