在宅医療の対応が遅れてしまっている・・・そう感じるケースが増えてきました。

こんにちは、札幌のかかりつけ医&在宅医@今井です。

 

最近なんですが、退院カンファレンスや診療前訪問などの事前相談ができずに診療開始となったものの、在宅医療の準備が不十分で退院後数日して残念ながら再度入院になってしまった患者さんが複数人いました。

ケアマネさんの医療介護面でのアセスメントが不十分で(これはケアマネさんのせいではなく事前にカンファレンスできなったせいです。決して責めている訳ではありません。)、ADLほぼ全介助の状態で介護指導もされていないのに訪問看護師の導入がされていないまま退院になったり、施設から退去されて自宅に帰ってきたのはいいが事前に聞いていた情報と大きく状態が違ったり・・・・と理由は各々異なりますが、コロナ禍による事前調整ができなかったことによる影響であることは間違いありません。

このケース以外にも最近ではやっぱりどうしても、診療開始してから在宅医療の準備をよーいドンでスタートするケースが増えてきており、改めてコロナ禍は在宅医療にも色々な面で影響を与えているなと実感しています。

 

 

コロナ以前であれば普通にできていたことができなくなっている・・・・それは理解していますが、かと言って嘆いていては始まりません。現状でできることは何なのか、当院のMSWさん達と考えていきたいと思っています。

 

2021年11月からクリニックから徒歩五分の場所でホスピス併設住宅開始します→こちらをどうぞ!

2020年の当院の診療実績→こちらをどうぞ!

2020年から北区、手稲区でも訪問診療開始しています→興味ある方はこちらこちらをどうぞ!

おすすめ過去ブログのまとめをみたい方→こちらをどうぞ!

現在当院の勤務に興味のある医師募集中→こちらこちらをどうぞ!

開業に興味のある医師も募集→こちらこちらをどうぞ!

当院の診療所、もしくは法人内の訪問看護ステーションで働きたい看護師さんも随時募集しています→こちらをみてご連絡ください!

札幌で訪問看護ステーションを起業したい看護師さん→こちらをどうぞ!

医師の仕事に興味ある中学生、高校生の方、診療所見学しませんか?→こちらを確認してみてください!