「病院や施設とは全然違って患者さんが中心にいるんだなって実感できました」

こんにちは、札幌のかかりつけ医&在宅医@今井です。

 

当院は看護師さんの就業に関しては、原則入職前に必ず1度は職場を見学してもらっています。診療所の看護業務(診療同行、外来看護、訪問看護)が多岐に渡り普通の看護業務とは少し異なること、訪問看護ステーションでの業務は通常のステーションと大きく変わらないですが、訪問看護自体の経験がない看護師さんだと訪問看護に戸惑うこともあること、などから診療所とステーション両方、もしくは希望するどちらかだでも一度見てみてください、とお願いしていますよ。

先日入職を検討している看護師さんが見学に来たのですが、最後に色々当院の看護師さんと話しをしている時に「とてもよかったです。今いる施設やこれまで働いた病院では医療者がメインでしたが、在宅の現場では患者さんが本当に中心にいるんだなって実感できました。」とのコメントを頂きました。

まさしくそうなんですよね。在宅は(というか本来は病院もそうあるべきなんですが)あくまで患者さんがメイン、中心にいて全てが回っています。その大事なポイントに1度の短時間の見学で気がついた看護師さん、とても素敵な感性の持ち主だと思いましたよ。そんなことに気がつける看護師さんには是非来て頂きたいな、と心底思っています。

 

パーソンセンタードケア、そんな言葉を使わなくても、当たり前のように患者さんが中心で回っている、それが在宅医療の現場です。興味ある看護師さん是非一度見学にきてください。きっと後悔はしないはずですから。

当院はまだまだ同じ価値観で働いてくれる看護師さんを募集しています。在宅医療や在宅緩和ケア、地域医療に興味のある看護師さん、是非ご連絡くださいね。

 

2020年の当院の診療実績→こちらをどうぞ!

2020年5月から北区、手稲区でも訪問診療開始しています→興味ある方はこちらこちらをどうぞ!

おすすめ過去ブログのまとめをみたい方→こちらをどうぞ!

現在当院の勤務に興味のある医師募集中→こちらこちらをどうぞ!

開業に興味のある医師も募集→こちらこちらをどうぞ!

当院の診療所、もしくは法人内の訪問看護ステーションで働きたい看護師さんも随時募集しています→こちらをみてご連絡ください!

札幌で訪問看護ステーションを起業したい看護師さん→こちらをどうぞ!

医師の仕事に興味ある中学生、高校生の方、診療所見学しませんか?→こちらを確認してみてください!