地域に寄り添って活動する”コミュニティナース”がもっと必要ですね

こんにちは、札幌のかかりつけ医&在宅医@今井です。

 

これからの看護師さんのキャリアパスはどのように考えるべきでしょうか?自分としては2つの選択肢があると考えています。特定行為ができるような専門特化した看護師や保健師などの特化した看護師を目指すべきか、それとも地域全般を看ていくオールマイティなコミュニティナースとなるか、のどちらかで考えるべきではないかと・・・

その中でも在宅医としては是非後者のコミュニティナースをお勧めしたいと思います。純粋に看護が楽しいですし、必要とされる度合いもこれからの社会ではとても重要度が増すのは間違いないのがその理由です。

 

コミュニティナースの仕事は大きく2つあると思っています。

まずは患者さんのみならずそのご家族にも徹底的に寄り添い、生活に密着した医療と介護の問題を解決していくこと(場合によっては顕在化していない問題も予防的に解決することも含まれますね)が1点目です。

2点目の仕事は対人のケアよりはもっと大きな視点を持ち、患者さんや家族を通すことで見えてくる単地域社会の問題を意識、そしてそれを解決していくことで地域住民のQOLをあげていくことも必須な取り組みだと考えています。

 

現在コミュニティを看ていく看護師となるためにはかかりつけ診療所で単なる外来看護師以上の役割で働くか、訪問看護師として働くかの2択だと思います。当院は札幌で地域を一緒に看ていける、看ていきたいと思う看護師さんを育てていきたいと考えていますので興味ある看護師さんいたらご連絡くださいね。

 

当院の2019年上半期の診療実績を知りたい方→こちらをどうぞ!

おすすめ過去ブログのまとめをみたい方→こちらをどうぞ!

現在当院の勤務に興味のある医師募集中→こちらをどうぞ!

開業に興味のある医師も募集→こちらこちらをどうぞ!

当院の診療所、もしくは法人内の訪問看護ステーションで働きたい看護師さんも随時募集しています→こちらをみてご連絡ください!