訪問看護も楽じゃない??やりがいや楽しみをそこに見つけられるかは結局は個人の資質によりますよ。

こんにちは、札幌の在宅医@今井です。

 

今まで自分はブログで訪問看護師の魅力ややりがいについて話をしてきました。病院とは違い看護の本質を理解できる、患者さん家族と近い距離で接することができる、一人の医療者として、また人間として必要とされる喜びを味わうことができる、等々・・・・その内容は間違いないと確信していますが、先日他の事業所のとある看護師さんから

「訪問看護って先生が言うほどそんなに面白くないです・・・」

って残念なことを言われましたよ。

よくよく話を聞くと現事業所に対する愚痴がメイン・・・事業所が求める業務や看護内容について、自分の考えと少し違うから「やりがいがない、楽しくない」という判断になってしまったようです。具体的には継続して一人の患者さんに自分だけが訪問看護で入りたいようですが、事業所の方針としては複数の看護師で訪問に入り、チームで患者さんをみていく訪問看護としたい、っていうのがその人自身の考えと違うというのが原因のようです。

 

率直に言って自分としてはこの内容を聞いて

「ああ、この看護師さんはどこにいっても結局はやりがいがないとか楽しくないっていって仕事をする看護師さんなんだろうな」

と感じてしまいました。

どの仕事でもそうですが、そもそも最初から楽しいだけの業務は120%ありえません。事業所から要求される、やらなければいけない業務と、自分自身のやりたいことの両立をどうしていくかは事業所だけでなくその人自身の問題でもあります。

 

 

この看護師さんに話を聞いて後、当然ですが自分は

「じゃあその仕事が楽しくない、やりがいがないと感じる原因は何?そもそも自分のやりがいってなんなの?」

「やりがいがないというのであれば業務を通じてどのようにやりがいが実現できるか考えたことは?」

「継続して患者さんを看れないということは自身にとっては残念なことかも知れないけれど、患者さん側から逆に考えれば色んな看護師さんから色んなアドバイスもらえるからメリットにもなるんじゃない?」

「関わる頻度は少なくなるかも知れないけれど、それを逆にメリットとする方法や、チームで関わることでできることを考えたことはある?」

「自分が継続してその患者さんをみていかないと、細かなことや患者さんの感などがわからなくなるから不満がある、というのであれば、どうやったら訪問を自分がしていなくても、他の看護師から知る方法があるのか工夫してみようとか考えないの?」

と色々お伝えしましたよ。ただ当該看護師さんはもちろんそこまで考えておらず・・・うーん、話はしましたが、どうしたら現在の業務で自分のやりたいことを実現していけるのかを多分考えないで辞めていくんだろうな、と思いました。

 

やりがいや楽しみをそこに見つけられるかって、どれだけ患者さんやその業務のことを真剣に考え、工夫し、トライし、失敗してはまた考え行動し、ということを繰り返し繰り返し挑戦するから得られるものではないでしょうか?きつい言い方ですが、ただ何も考えずに与えられた看護のみをするのであれば在宅の、訪問の現場でも決してやりがいはみつけられないでしょう。(もちろん他でもそうでしょうし)

 

皆さん在宅の現場で楽しく働いている方って自分で工夫して、トライしていって楽しくしていませんか?やりがいってなにも考えず、何も行動しないで得られるものではないですよね??どう考えますか?

 

当院の2019年上半期の診療実績を知りたい方→こちらをどうぞ!

おすすめ過去ブログのまとめをみたい方→こちらをどうぞ!

現在当院の勤務に興味のある医師募集中→こちらをどうぞ!

開業に興味のある医師も募集→こちらこちらをどうぞ!

当院の診療所、もしくは法人内の訪問看護ステーションで働きたい看護師さんも随時募集しています→こちらをみてご連絡ください!