住宅のスタッフの協力がないと・・・・在宅医のみでできることは限られます。

こんにちは、札幌の在宅医@今井です。

 

基本的には居宅の患者さんの在宅医療、在宅緩和ケアをメインとしている当院ですが、外来通院してくれていた患者さんが入居したり、日頃お世話になっている病院からの依頼で有ったりして新規で住宅の患者さんの診療をお受けすることもあります。

受けたからにはできるだけいい医療を提供し患者さんに安楽に生活してもらえるようになってほしいのですが、現実にはなかなか在宅医だけでは難しい問題も多々あります。

そんな時には施設スタッフの協力がないと問題解決には結びつかないのですが・・・・悲しいかな、何度もお願いしても対応してくれない施設があります。何度も何度も対応をお願いしても協力が得られない場合、その住宅で在宅医療を行うことは難しいと判断して当院の診療が終了となってしまうケースが何例かありました。

在宅医は万能ではありませんし、むしろ在宅医以外の日々の介護職員であったり看護師さんの関わりの方が生活支援の面からみると100倍重要であったりします。

今後札幌でも質の高い住宅が増えていくでしょうか・・・・うーん、どうなることやら・・・ひとまず在宅医やかかりつけ医はその立場でできることは頑張って、継続していきたいと思います。

 

当院の2018年上半期の診療実績を知りたい方→こちらをどうぞ!

現在当院の勤務に興味のある医師募集中→こちらをどうぞ!

開業に興味のある医師も募集→こちらをどうぞ!

当院の訪問看護ステーションで働きたい看護師さん→こちらをどうぞ!

外来や訪問看護、地域で活動したい看護師さんも→こちらをどうぞ!