他職種連携の真髄とは

こんにちは、札幌の在宅医@今井です。

 

外来診療と訪問診療、継続して行っています。自分の仕事の比率としては診療に割く時間が6割くらい、残りはその他諸々の雑事などになるのですがやっぱり臨床している時間が一番楽しめますね。

さてそんな風に在宅医療していると必ず多職種との連携が必須になってきます。基本的には在宅医療=チームでの医療、となるわけでどのように連携をとっていくかは治療方針を立てることと同じくらい重要になってきます。(ここが病院で長く勤務している医師になると難しい訳ですが・・・)

そんな他職種連携ですがどのようにしていくべきでしょうか?

基本的には連携=情報発信、と考え自分が見聞きした情報や考えた治療方針を伝えることだけが重要なのではないですよね。一番他職種連携をする上で必要なことは「相手にとって必要な情報を伝えること」、まさしくこれに尽きると思います。

自分が考えたもののうち、訪問看護師にはこれを伝え、リハセラピストにはそっちを伝える、ケアマネにはあんな情報をあげようかな、とかって他職種が動きやすいように連携をとっていくことが他職種連携の神髄ではないでしょうか?かくいう自分もまだまだその域まで達していませんが、そんな風に必要な情報を必要な時に、必要な人にだしていって連携していきたいなって考えています。皆さんが考える他職種連携に必要なことってなんでしょうか?よければ教えてくださいね。

 

当院の2018年上半期の診療実績を知りたい方→こちらをどうぞ!

現在当院の勤務に興味のある医師募集中→こちらをどうぞ!

開業に興味のある医師も募集→こちらをどうぞ!

当院の訪問看護ステーションで働きたい看護師さん→こちらをどうぞ!

外来や訪問看護、地域で活動したい看護師さんも→こちらをどうぞ!