在宅医療での正解ってなに?ものさしは各自でもちろん違いますよね。

こんにちは、札幌の在宅医@今井です。

 

訪問診療をして自宅で生活している患者さんや家族をみていると「どうしてもこうしてあげたい」という強い気持ちがある家族で有ればあるほど「在宅医療や介護はこうあるべきだ!」という考えになってしまいがちなことはよく経験します。

「先生はうちの在宅療養についてどう思いますか?」と聞かれると「今の生活が幸せならそれが在宅医療の本質でいい療養ができていると思いますよ」と答えています。

在宅医療は各自の生活が背景にあるうえでの医療なので、正解なんてもちろん一概には言えないし何が正解なのかも定義することすら難しいです。ただ一つ言えることは常日頃楽しく、笑って生活できるようになる医療が行えているのであれば、それがいい在宅医療ではないかなと思います。

皆さんも在宅医療を受ける時、もしくは家族が受ける時には、医療や介護についてあまり難しく考えないで人の尺度を気にせず気ままに過ごすことが重要なんだくらいでアバウトにとらえてあまり深く考えすぎないでくださいね。正しい在宅医療や介護って本当に人によって全然違いますので・・・

 

当院の2018年上半期の診療実績を知りたい方→こちらをどうぞ!

現在当院の勤務に興味のある医師募集中→こちらをどうぞ!

開業に興味のある医師も募集→こちらをどうぞ!

当院の訪問看護ステーションで働きたい看護師さん→こちらをどうぞ!

外来や訪問看護、地域で活動したい看護師さんも→こちらをどうぞ!