普段は大病院での3か月毎の診察、何かあったら診療所の医師・・・こんなかかり方はお勧めしません。

こんにちは、宮の森のかかりつけ医@今井です。

 

当院はかかりつけ医として自分と川端先生が毎日外来診療をしています。認知症の方から癌の方、外傷の方や急性疾患の方など色々な疾病をもった方が受診されますが、普段の体調管理を当院でしている人に関しては体調変化がどうであったかがよくわかるので対応はしやすいですね。

逆に普段は大病院の専門科をいくつも通院し多剤服薬されている患者さんが急に体調不良で当院に受診されても、できることは初期対応に限られています。なぜか?と言われると

①そもそも病気の経過や現在の治療状況の情報がない

②主治医がその病院であるのならば大きく投薬の変更などをこっちですることが難しい

③検査なども診療所では限られているので複雑な病態の場合で検査を希望する場合は対応が難しい

などが理由になります。

 

診療所の医師としては、普段は当院のようなかかりつけ医に受診し諸々相談、何かあった時は大病院の専門の 検査がきちんとできる体制での診療、というのがあるべき姿ではないかと考えています。

普段は3か月処方を大病院で受けていて、何か体調不良になった時にアクセスのいい診療所へ、というのはできれば辞めた方がいいのではないかなと個人的には思いますが皆さんはどう考えますか?

 

かかりつけ医の利用方法と大病院の利用方法、上手く考えて使うと日常生活がもっと楽に過ごせるようになる方はきっといますと思います。皆さんよくよく考えて通院の医療機関を考えてくださいね。

 

 

当院の2018年上半期の診療実績を知りたい方→こちらをどうぞ!

現在当院の勤務に興味のある医師募集中→こちらをどうぞ!

開業に興味のある医師も募集→こちらをどうぞ!

当院の訪問看護ステーションで働きたい看護師さん→こちらをどうぞ!

外来や訪問看護、地域で活動したい看護師さんも→こちらをどうぞ!