本日は門前薬局さんが来院、外来と在宅についてやりたい取り組みの話をしてもらいました。

こんにちは、札幌の在宅診療医@今井です。

当院は現在院内処方ですが、複数医師での外来診療に伴い薬剤師を雇用しなければ原則院内処方ができなくなります。

薬剤師さんの雇用のハードルがものすごい高いため現実的には院外処方を採用することになります・・・・ということで9月から当院の門前で薬局をだしてくれる薬局さんが来院されどのように取り組みをしたいのか、当院の職員の前でプレゼンしてもらいました。

自分としては薬剤師さんが外来でも在宅でも絡むことにより

①処方設計への助言

②薬効、副作用の評価

③薬の管理の依頼による訪問看護師の負担軽減

④院内処方では対応しづらい散在や練り物の対応

などが期待できるのではないかと考えています。それによりより質の高いケアや医療を患者さんに提供できるようになる、そうプラスの方向に作用していけばいいですね。

 

いずれせよこれからは医師や看護師とともに薬剤師さんにも在宅のフィールドで活躍してもらわなければいけないですし、そのモデルケースを札幌の地で構築できるように切磋琢磨していきたいと考えています。

皆さんの周りの薬局さんはどう活動されていますか?そして診療や看護にどのような影響を及ぼしていますか?よければ教えてくださいね。

 

当院の2018年上半期の診療実績を知りたい方→こちらをどうぞ!

現在当院の勤務に興味のある医師募集中→こちらをどうぞ!

開業に興味のある医師も募集→こちらをどうぞ!

外来や訪問看護、地域で活動したい看護師さんも→こちらをどうぞ!

南区の分院で医療事務の方募集しています→こちらをどうぞ!

「在宅療養支援診療所の開業、経営、運営の教科書」書いてます→こちらをどうぞ!