在宅医療は減らす医療

こんにちは、宮の森の在宅医@今井です

よく在宅医療の特徴ってなんですか?と患者さんの家族やまたは病院の看護師さんとかに聞かれます。色々な答え方はあるのかと思いますが個人的には在宅医療は減らす医療だと思っています。

何を減らすのか?

服薬している薬の量

家族の介護負担

複雑な医療処置

患者さんの悩み

医療にかかる費用

家族のつらい気持ち     などなど・・・・・・

 

何かを足していくのではなくその人本来の生活ができるように余分なものを減らしていく医療、それが在宅医療の本質ではないかと考えています。

医療ってついつい色々付け加えたくなりますがそれが本当に患者さんのためになるのでしょうか?本質的には医療はもっとシンプルとすることができ、それにより患者さんの人生も身軽になりもっと豊かにすることができるはずです。

 

減らす医療をもっと深く考え追及していきたい、今はそう考えています。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加