がん末期の患者さんのケアマネジメントについての改定

今日はかなり寒いですね、運転はスリップに気をつけましょうか・・・

 

こんにちは、今月当院に新しく入職されたケアマネさん、これまでケアマネ経験がなかったこともあったので<大変なことあるかい?>って聞いたところやっぱり書類作成の多さと手続きの煩雑さにはやや困惑しているとのことでした。ケアマネさんって利用者さんや他職種に見えないところでの書類の作成、管理って本当に大変ですよね。

特に末期のがん患者さんの場合、都度都度ケアプランの変更と担当者会議の開催をしていたと思うんですが、今回11月22日の社会保障審議会の介護給付費分科会で以下の資料がだされていました。

資料1のP22から

 

ということで、これまでがん末期の患者さんのケアプランって大変であんまり積極的には受けたくないってケアマネさんが少なからずいたような気がしますが、今回の改定が実現すれば負担減&評価増って形になるので少し頼むこちら側としても心理的ハードルが下がりそうですね。

この書類とサー担の問題は以前からずっと問題だと思っていたので今回のこの案が現実化されることは強く希望します。皆さんもそうですよね?

 

さて本日の気になる医療?記事はこちらです。食について、医療記事というか雑感のような記事を見つけましたので一読してみてください。たまにはこんな記事も読むのは面白いかと思います。

食事についてきちんと考えるって薬どれ飲むか?とかよりよっぽど大事な気がしますね。

農林水産政策研究所より 江戸の食に学べ

 

 


このエントリーをはてなブックマークに追加