インフルワクチン数が足りないみたいですね&MSW協会の時期診療報酬改定にむけての要望の資料

ブログのタグ付け大変です・・・・・

 

こんにちは、道新の記事でインフルワクチンのことがでていましたね。

インフルワクチン、札幌で予約中止も 冷静対応呼びかけ

札幌市内の医療機関で、インフルエンザワクチンの入荷が遅れている。例年は10月から始まる予防接種も数週間から1カ月ほど遅くなっており、予約の受け付けを中止した医療機関もある。市保健所は「大幅に不足することはない」として冷静な対応を呼びかける。

 市保健所などによると、今年は流行するインフルエンザのワクチン株がなかなか見通せず、例年より製造開始が遅くなったという。市内の医薬品卸業者は「前年同時期より入荷量が少なく、一部の医療機関への供給が滞っている」と話す。

 札幌市中央区の病院では、予防接種の開始を当初予定の10月中旬から1カ月繰り延べた。区内の別の診療所ではワクチンを確保しているものの「事前予約は受け付けておらず、当日に在庫があれば対応する」。

 厚生労働省は、遅れに伴って製造量は前年より4%程度減るが、接種回数を13歳以上は1回とすることで、希望者に行き渡る量を確保できるとしている。市保健所も「学校が冬休みに入る12月中には行き渡るだろう」(感染症総合対策課)とみる。

・・・・・・・・

 

確かにインフルワクチンですが今年は各所から足りなくなるとの声を聴いています。当院はまだ在庫はありますが、正直結構厳しいやりくりをしている時もあります。ワクチン接種希望者の方いましたら一応電話で一報確認してもらえると助かりますのでお願いします。

 

さて本日2回目の更新は時期診療報酬改定に向けてのソーシャルワーカー協会の要望についてです。この要望、5月の段階で既にでていたのを

今日初めて知りました。

(ワーカー協会さんもっと大声ださないと片隅においやられちゃいますよ)

内容はどれも合点がいくかと個人的には思いますが、どの程度反映されるのか・・・・・来年度の改定をみてSW協会の声がどれだけ届いたのか確認したいと思います。

以下その要望の資料です。(在宅療養支援診療所のMSWもっと評価してもらいたいんだけれど・・・・難しそうですね)

 

さて午後はどんな患者さん来るか待っていたいと思います・・・・・


このエントリーをはてなブックマークに追加