ハッピーハロウィーン

皆さんの家はハロウィンって何かされるのでしょうか?

うちはちなみに何もやらずに終わりましたが・・・・まあ平日だし仕方ないですかね。ちなみに上記の絵を挿入していたら、横から2歳の3男が「ハッピーハロウィーンだ~」って言いましたから幼稚園でも行事で何かしているのでしょうね。ハロウィンって日本でも子供まで馴染みの行事になっているんですね・・・・さてこのかぼちゃってジャックオランタンって名前だったとたしか中学の英語の授業で習った気がしますが、これまでこの由来や出典ってなんだか知りませんでした?皆さんご存知ですか?

という訳で知らなかったので調べてみました。

↓以下サイトからの引用です

概要

スコットランドやアイルランドに伝わる、カボチャ(元はカブ)若しくは火の玉をモチーフとした妖怪。
名前は「ランタンを持つ男」の意味を冠する。『ジャックランタン』『ジャック・オー(オウ)・ランタン』と呼ばれる事も。

主に内部が輝いているカボチャを被った男性の姿で定着していると思われ、ハロウィンの風物詩としても知られているだろう。因みにこれは灯具であるランタン(提灯)をカボチャの中に入れている為である。
カボチャの姿をしているのにはどういった経緯があるのかは、下記にて説明する。

現代でも、ハロウィン(10月31日)の時期が来るとカボチャをくり抜いた灯具を作り飾る風習があるのだが、これにはハロウィンの日にあの世からやってきた悪霊達を遠ざける効果があると言われている。
妖怪以外にも、この灯具を指して「ジャックランタン」の呼称を用いる事もある。

 

伝説

アイルランドの古い伝承で、ジャックという怠け者のずる賢い男がいた。
ジャックは周囲に対してよく嘘を付いては、人を騙してばかりいたという。

あるハロウィンの夜、酒場でジャックが酒を飲んでいたら飲みすぎて酔っ払った折に地獄から来た悪魔と出会う。
(ハロウィンは年に一度、この世とあの世が繋がり死者や魔物が人間達の元へやってくるとされる)
ジャックの魂を取りに来た悪魔に対し、飲みすぎて酒代が払えなかったジャックは悪魔に以下の約束を取り付ける。

「俺の『魂』をやろう!だから人生の最後にあと一杯飲ませてくれ」 「グッド」

ジャックと約束を交わした悪魔は「どうせ人生最後の酒ならば」と、酒代相当のコインへと変身、これでめでたく代金を支払… わなかった。
コインへと変身した悪魔をジャックは即座に銀の十字架で押さえつけ、財布の中へ放り込んだのちに閉じ込めてしまう。元の姿に戻れず困った悪魔へ、ジャックは再び取引をもちかける。「これから10年間、自分の魂を取りに来ないこと」を条件に、悪魔はようやく財布の中から解放された。

それから10年の月日が経ち、ジャックが田舎道を歩いていると再び、いつかの悪魔と出会った。
約束の刻限が切れたので、悪魔が今度こそジャックの魂をいただく為にやってきたのである。
しかしジャックもむざむざと魂を取られたくはないので、「魂をやるから、最後にこの木の上に登ってリンゴを取ってきてくれないか」と魂を渡すフリをしながら悪魔に持ちかける。悪魔も「どうせ今度こそ最後なのだから」と、木に登ってジャックにリンゴを渡してやるものの、ジャックは悪魔が木に登ったスキを付いて持っていたナイフで木の幹に十字架を刻む。
悪魔は十字架が怖いあまり木を降りる事ができず、ジャックにまた取引を持ちかけられてしまう。
「今後二度と、自分の魂を取りに来ないこと」を約束させたジャックは悪魔をようやく木の上から降ろしてやり、ジャックが死ぬまで悪魔は約束通りジャックの元を訪れなかった。

それから更に年月が経過し、ジャックは天寿を全うして死亡するが、生前の行いが目に余った為ジャックは天国へ入れず、仕方なく地獄へ行く事にしたジャックはそこであの悪魔と三度目の再会を果たす。地獄へ入れてくれと頼むジャックに悪魔は「生前の約束でお前の魂は取れないから」と地獄へ入る事を拒否、天国へも地獄へも行けず困り果てたジャックは訊ねる。

「ああ… どこに?私は、どこへ行けば… いいんだ…?」
「『元いた所』へ帰るんだね。でも、安心なんて無いところよ… 少なくとも」

そしてジャックは来た道をとぼとぼと引き返していくのだが、道はとても暗いうえ強い風が吹いていた。ジャックは悪魔に「灯りをくれ」と最後の頼みを告げ、その頼みを聞き入れた悪魔は地獄で燃えている炎の塊をジャックに分けてやった。ジャックは道端に転がっていたカブをくり抜いて、その中に炎を入れるとランタン(提灯)を作り、ランタンを持ちながら旅に出る。ジャックは現在も、ランタンを手にこの世とあの世を行く宛てもなく永遠に彷徨い続けているという…

やがてジャックの持つ提灯が、死人の魂のシンボルとして定着するようになり、その伝承がアメリカへ伝わるとカブがカボチャへと変わったと言われている。(アメリカでは、カブよりもカボチャの方が豊作である為)
そしてカボチャを人の顔のようにくり抜いて作ったランタン(提灯)のイメージが、新たに浸透していくようになった。

 

ですって・・・・・・うーん、中々面白い話ですね・・・・という訳で今回は全く医療とは関係ない話ですがちょびっと朝5時から更新してみました。さてそろそろ早朝診療の準備をしないと・・・・


このエントリーをはてなブックマークに追加