在宅医同士の交流

今日は急遽話題変更です

 

こんにちは、今日は<患者さん、在宅医療者にとって望まれる退院支援とは何か?>って題で色々書こうと思っていたのですが、書き始めたらとんでもない分量になりそうな予感です・・・・このお題、しばらくとっておきたいと思います。

というわけで今日は今井の診療以外の活動の報告です。今日は夕方から西区の坂本先生の診療所に伺いました。

IMG_3200

内容としては7月18日に市立病院で行われる病院スタッフ向けの在宅医療の講演会、坂本先生と自分に依頼がきたのですが、どのような構成でやったらいいですかねーと坂本先生に相談に伺った次第です。

坂本先生から全体の構想とこんな点でやったらいいんじゃないかっていう点アドバイス頂いたので早速それに沿った題名やら内容清書して市立病院の担当の方に連絡する予定です。おそらく内容としては、札幌の在宅医療の現状についての総論を坂本先生に行って頂き、自分は市立病院から紹介された患者さんの具体的な症例検討などをしていくつもりです。それに加え急性期病院と在宅医療の連携の在り方、望まれる退院支援とは?、今後のお互いの課題なども盛り込んで話しようかなと現段階では考えています。

 

 

その後はホサナファミリークリニックの一木先生の所にお伺いしました。個人的に気になっていた看護小規模多機能の施設について、一木先生が既に構想から事業に着手、今年中の開設を予定されているとのことをブログで発見、早速コンタクトをとりお話を聞かせて頂きました。

事業の予想、人員について考えていること、理想的な場所でてきてくれたけれどそれまでずっと探し続けていたこと、こんな感じのカンタキになったらいいなって考えていることなどなど、本当に話をお聞きして得ることが多かったです。

クリニックで話を聞いた後は実際に診療所兼カンタキ予定の場所と物件の見学もさせて頂きました。

↓物件の玄関前での一木先生の写真です。

IMG_3202

物件の写真はあえて撮りませんでした。まだ改装中ってこともありますし、何より自分達が感じた驚き(いい意味での)を是非見学にきた方にも味わってほしいからです!!中はまだ手を加えている途中でしたが、自分には十分に完成した空間が目に浮かんできました。居間でくつろいでスタッフと楽しく過ごしている利用者さんの姿もイメージすることができ本当に完成が楽しみです。一木先生色々お話聞かせて頂き本当にありがとうございました。

 

こんな感じで本日は同じ在宅医の先生の診療所2か所お伺いしています。どんどん診療所同士、在宅医同士の交流も加速させて質の高い医療や生活支援サービスを札幌の皆さんに還元していきたいですね。当院に興味があればだれでも見学や訪問など受け付けていますので気軽にご連絡くださいねー。もちろん坂本先生や一木先生が自分にしてくれたように、できるだけオープンなスタンスで自分のわかることをお伝えしたいと思います。

 

というわけで今日はこの辺でいったん終了です・・・・