レトロなクリニック

4月に入りましたが札幌はまだまだ雪が多いですね。

 

こんにちは、さて本日ですが昨年から計画していた当院の移転と外来診察開始のための建築物・・・・ようやく先が見えてきたので皆さんにもご紹介したいと思います。

↓こちら建築の外観です。和の雰囲気を大事にし周囲の環境に溶けこむような建物としました。

a

↓受付です。少し暗いですが趣はあるでしょう

c

↓診察室です。広々していますね。

b

↓また移転に伴い往診に使用する車も環境に配慮しこちらに変えました。

d

↓往診カバンもいかしているでしょ?

e

 

という訳でレトロなクリニックと生まれ変わって4月1日から頑張っていきたいと思います・・・・・・・・こほんこほん、年に1度はこんなネタかくブログもいいんじゃないでしょうか?ささいなことに生活の楽しみを見出していきたいと思います。

 

さて本日の気になった医療ニュースはこちらです。この判決、到底国民が納得するとは思えません。これから残念ながら同様の事故は続発するような気がします。議論するなら今!!このタイミングしかないんじゃないかって自分は考えますがいかがでしょうか?本当にこのままでいいんでしょうか?超高齢化社会に突入する日本、この事故は現状ならだれの身にも降りかかる可能性ありと思いますが・・・・・・

運転の88歳不起訴=集団登校死傷-横浜地検 http://www.jiji.com/jc/article?k=2017033101265&g=soc

横浜市で昨年10月、集団登校中の小学生の列に軽トラックが突っ込み8人が死傷した事故で、横浜地検は31日、自動車運転処罰法違反(過失運転致死傷)容疑で逮捕された88歳の男性を嫌疑不十分で不起訴処分とした。
地検によると、男性は精神鑑定の結果、認知症の影響で事故前日から車で約24時間徘徊(はいかい)を続けており、疲労などから事故当時は適切な操作能力を喪失していた可能性があるとされた。また、徘徊中は運転を中止する判断能力も失われており、地検はいずれの時点でも過失を問えないと判断した。
地検の片岡敏晃次席検事は、事故前の長時間徘徊という特異性に触れ、「事故を起こしても認知症なら罪に問われないというものではない」と話した。
事故は昨年10月28日、横浜市港南区の市道で発生。男性が運転する軽トラックが軽乗用車に衝突、弾みで横転した。集団登校中だった小学1年の田代優君=当時(6)=が死亡、他の児童2人が骨折するなど7人が重軽傷を負った。男性は今年2月までの約3カ月間鑑定留置され、同月、処分保留で釈放されていた。負傷者は当初6人とされたが、その後新たに1人の負傷者が判明した。
田代君の父親は「事故に巻き込まれ短い生涯を終えた息子の無念は筆舌に尽くし難く、さらに運転手の罪を問うことができないという判断は到底納得できない」とのコメントを出した。(2017/03/31-19:03)