在宅版M&Mカンファレンス

宮の森は小道の道路状況がかなり悪いですね・・・   こんにちは、とある患者さん宅でお父さんが新聞で切り絵されているんですが前回の節分に続き素晴らしい出来映えだったんで、またまた写真撮らせて頂きました。(掲載の了承スミです)

IMG_2616

魚の模様、よくみてもらえれば何がモチーフかわかりますよね・・・・・・北海道なんですよー、発想が凄いです!!自分にはこっちの方面の才能は全然ないので単純に頭が下がりました。患者さんご家族で自宅でできる趣味持たれている方多いですが切り絵も楽しいと思います。是非参考にされてはいかがでしょうか・・・・

 

さてこの1年間医師ほぼ5人体制で診療行ってきましたが、先日の医局会で当院の診療を終了した患者さんの振り返りをどのようにやろうか?という話が出てきました。確かに一人でしていた時期や和田先生が来てくれたばかりの時期に比べ5人での診療体制ともなると、チームとしてきちんと振り返りの機会をもつことは必須だよね、と個人的にも考えていました。なのでちょうど良い機会だと思いM&Mカンファの在宅版をしたらどうかなって現在考えています。

M&Mカンファとは外科系の病院や病棟に勤務した皆さんなら聞いた事あるかも知れませんが「Morbidity & Mortality(合併症および死亡: M&M)カンファレンスは、診療の質および安全性を改善する目的で、不幸にして合併症が起きたケース、死亡したケースを同僚間で振り返る事例検討会の一つ」です。もっと簡単に言うとM&Mカンファは、問題の失敗の原因がなんだったのか?なぜ起きたのか?どうするべきであったかっていうのを関係者で突き詰めて考えましょう、という場だと認識しています。

在宅の現場でも色んなことがあります。ただ起きた問題がヒューマンエラーなのか、リスクを織り込み済みの中でおこった問題であったのか、それとも全く予測できなかったものであったのか、そうであるなら改善すべき点はどこだったのか等々そこまで詳しくは振り返りをしていませんでした。

早速来週金曜日24日から開始してみようと思うんですが、決めるべきことはたくさんあります・・・うーん、簡単に今日このブログ書きながら考えまとめていこうと思いましたが、20分程度の短時間では無理ですね。ただ当院でこんな感じで在宅版M&Mカンファやりますっていうのは案がまとまり次第このブログでも発表してみたいと思います。(24日までに中身つめれるかな・・・・)

M&Mカンファについてさらに詳しく知りたい方はこのDrのブログ読んでみてください。詳しく書いてくれていますので理解しやすいですね。http://blog.goo.ne.jp/jseptic/e/6d9087ea9d717b55795c7dc12a194796

 

さて本日の医療ニュースは時間がないので夜にでもまた更新したときに載せたいと思います・・・では午後の往診に出発です。