大雪の影響

週末ですが今日も頑張って更新したいと思います。

 

こんにちは早いものでもうすぐ12月も中旬に入りそうなこの時期、早速ですが札幌に員冬の到来を告げる大寒波が到来しました・・・・ちょうど土曜日の早朝に患者さんのお看取りのために呼ばれたんですが、まずは自宅からでるのが一苦労・・・・車だすだけで結構時間かかってしまいました。その後自宅から患者さんちに車走らせていたんですが朝の6時で既にこの状況でした。

↓↓円山の神宮の前です、大きな明かりは除雪車のライトです。

IMG_2413

写真ではあんまりわからないかも知れませんが横殴りの風と吹雪がすごく、視界は時により既に何mあるかっていうような状況・・・・かろうじてみえる前の車のライトをたよりに往診しました。途中できるだけ明るい道をつかってみたんですが駅前通りはこんな感じでした。

IMG_2420

この後お看取りとその後の保清や生前の仕事着への着替えなど小1時間程やって帰宅したんですが、帰りの道は既に渋滞が始まりつつありました。札幌市内も午前中はほぼ交通網が麻痺状態・・・・飛行機やJRなどもほぼ動かない状況だったんじゃないですかね。(ちなみに午後にも患者さんのお看取りあったんですが、その時は申し訳なかったんですが中央区から手稲区につくまで1時間程かかってしまいました。)

訪問診療始めてから年に数回こんな感じの大雪の影響は経験していますが、たまの出来事ですのでこれはこれで楽しいもんですよ。(というか楽しむように考えるようにしています)日曜の今日はもう天気も良くなっていますが次はこのレベルの大雪いつくるでしょうか・・・どきどきしながら待っていたいと思います。(ちなみに当院の診療医の先生は必要ならタクシー使えるようにしていますので、この記事みて運転心配になった応募考えているお医者さんいたらあんまり気にしないようにお願いします)

 

さて本日の記事はこちら、介護保険制度における自立支援のあり方です。確かに現在の介護保険の制度下では自分も時折考えることがあります。このサービス内容患者さんの機能の改善に目をむけるよりは手をかけすぎる方向にあるな、結果として患者さんができる能力も充分に生かしてくれていないなって・・・でも介護保険の中に介護度の改善に伴う成果報酬を入れることって保険の趣旨としてありなんでしょうかね?かといってこのままの現状でもまずいっていうのも充分わかりますし・・・ただこの問題、あんまり先送りにできないことは確かですのでこのような改革案がでてくるのも仕方ないのでしょうね。皆さんはどう考えますか?

Diamond online より

要介護者への行き過ぎた自立支援は虐待と変わらない http://diamond.jp/articles/-/110400  から (原文元のサイトで確認してください)

 

さぁ電話かかってくる前に自宅前の雪かきしないとだめですね、頑張りますー